お客さまとともに

「安全・安心」への取り組み

近年、「安全・安心な食品を購入したい」「健康でおいしいものを食べたい」というお客さまのニーズが高まっています。「安全・安心」な食品を提供することと、そして「健康」に対するニーズに応えることは、ローソンの「3つの約束」に欠かせない課題であり、私たちが果たさなければいけない大切な責任のひとつです。「安全・安心・健康」、そして「おいしい」商品をお客さまにお届けするために、本部と店舗が一体となって取り組んでいます。

「安全・安心」な商品を提供するために

徹底した品質管理で「安全・安心・健康」を実現します。
原材料の採用

ローソンのオリジナル商品は、原材料の厳選にはじまり、お客さまのお手元にお届けするまでに、厳格な安全・安心を保証するチェック体制を取っています。
原材料の採用に当たっては、原材料を厳選して採用するプロフェッショナルを配置し、安全・安心な商品を供給しています。また、ローソンの品質管理基準に基づく厳格な審査に合格したものを採用しています。

商品設計から商品化まで

オリジナル商品は、具材、完成品について、ローソン独自の検査を実施し、安全性が確保された商品しか発売できない仕組みになっています。商品の仕様が決定した段階で、書類審査を行うとともに実際の製造ラインで商品を試作し、安全性を確認しています。

商品の製造工程

米飯類を製造する工場では、食中毒や異物混入等の事故を未然に防ぐため、HACCPシステムを構築しています。調理時間とその品温等、生産工程の各重点管理項目はすべての記録を残し、万が一問題が発生した場合には、直ちにその原因を究明し、対応できる体制を整えています。新しい工場の稼働時や設備を新たに導入する際は、品質管理部門のスタッフが立ち合い、衛生管理に問題がないかをチェックしています。
また、日々の商品製造にあたっては、工場内をつねに清潔に保ち、従業員は異物を持ち込まないようエアシャワーや手指の洗浄、消毒などを実施してから工場に入るようにしています。さらに商品本体も金属探知機などで異物混入の有無のチェック、規定どおりの盛り付けがされているかなど何段階にもわたって検査しています。

商品情報の表示(サーマルラベル)

ローソンではオリジナル商品に、商品名、消費期限、原材料名などを表示したラベルを添付し、 情報を公開しています。あわせて、表記義務のある品目以外にも自主的に詳細な表記をし、小さなお子さまやアレルギー症状をおもちの方も、安心して召し上がっていただけるように配慮しています。表記内容は、品質管理部門で厳重にチェックするほか、第三者や製造段階でのチェックなど、二重三重の体制でチェックしています。

店舗での温度チェック

商品の鮮度と品質を保つため、1日4回、店舗のショーケースの温度チェックを行っています。さらに衛生管理を徹底するために、店舗の食品衛生責任者による自主点検と本部のSV(スーパーバイザー:店舗経営指導員)による衛生調査・指導を毎月実施しています。また、外部機関による抜き打ち調査を全国の店舗で実施しています。

「入荷許容日」及び「販売許容日」の設定

お客さまに、より安全な商品を安心してお買い求めいただくために、「入荷許容日」及び「販売許容日」を設定し、期限を過ぎて販売している商品がないかどうか、店舗でチェックしています。
さらに2017年9月1日より、社会的に課題とされている食品廃棄量の削減を目指した取り組みの一環として、「入荷許容日」及び「販売許容日」の見直しを行いました。「入荷許容日」については、一部の加工食品の賞味期限(使用期限)の1/3を見直し、1/2と2/3に変更しました。 「販売許容日」については、設定日を後ろ倒しに設定し、賞味期限切れ商品の削減と廃棄削減につなげます。

商品の製造工程における品質管理

「プレミアムロールケーキ」ができるまで

ローソンは2009年9月に、「プレミアムロールケーキ」を発売しました。本格的なスイーツを気軽に楽しめることから、女性のお客さまを中心に好評いただき、“コンビニスイーツ”ブームのきっかけとなった人気商品です。

プレミアムロールケーキをはじめとした商品を安心しておいしく召し上がっていただくために、製造工場ではさまざまな安全衛生管理、品質管理を行っています。

プレミアムロールケーキ

プレミアムロールケーキ

北海道産原料にこだわったふんわり生地にしました。クリームはよりミルク感を感じられる仕立てにしました。