ESGデータ集

社会・環境保全コスト

対象期間:3月1日~2月末日 集計範囲:ローソン本部及び加盟店※1

横にスクロールしてご覧ください

(千円)

  2018年度 2019年度 2020年度
分類 投資 経費 投資 経費 投資 経費 主な取り組みの内容 効果
(1)事業エリア内コスト (1)-1公害防止コスト   206,851 0 205,600 0 239,153 新店の浄化槽維持・管理 水質汚濁防止
(1)-2地球環境保全コスト 18,409,161 75,838 9,072,835 117,629 5,857,147 14,192 省エネ機器の導入、CO2オフセット運動 CO2削減
(1)-3資源循環コスト   7,886,762 0 7,565,130 0 5,989,810 廃棄物関連費用※2 法令遵守
(2)上・下流コスト     944,118 0 619,541 0 695,232 容器包装リサイクル法関連費用 法令遵守
(3)管理活動コスト     6,811 0 5,658 0 6,456 SDGsハンドブック作成費用等 環境活動の推進、普及・啓発
(4)研究開発コスト     9,792 0 6,240 0 0 省エネルギー店舗研究費用 CO2削減
(5)社会活動コスト     70,976 0 20,609 0 303,952 緑化活動、清掃活動、NPO団体への寄付 生物多様性の維持、地域美化
合計   18,409,161 9,201,148 9,072,835 8,540,406 5,857,147 7,248,796  
  • 国内のエリアフランチャイズ店舗及びローソンストア100の店舗を含む。
  • 店舗の廃棄物処理とリサイクルの費用は、標準的な店舗の数値をサンプルとして推定計算しています。

環境データ一覧

対象期間:3月1日~2月末日(★印の項目の対象期間は行政年度:4月1日~3月末日)

横にスクロールしてご覧ください

項目 単位 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
CO2削減 サプライチェーンから
排出されるCO2※1
総量 千トン 3,615.7 4,341.7 4,728.3 4,868.4 4,985.1 5,190.2 5,565.0 5712.2 5301.9
社用車のガソリン Scope1 千トン 5.9 6.5 6.1 5.5 5.3 5.1 4.4 4.5 4.3
本社・支社またはエリア・支店・店舗の電力 Scope2 千トン 13.4 16.0 75.9 21.8 25.3 26.3 26.8 23.2 980.7
仕入れた原材料(PB・NB製品、レジ袋など) Scope3 カテゴリ1 千トン 2,605.6 3,229.8 3,303.4 3,534.3 3,711.8 3,850.4 4,169.5 4313.3 4025.7
電力の調達に伴うエネルギー関連 Scope3 カテゴリ3 千トン 59.7 63.1 74.0 71.1 74.3 76.5 79.7 80.3 144.9
配送センターのエネルギー消費 Scope3 カテゴリ4 千トン 92.7 74.8 78.5 83.2 86.6 94.0 99.4 100.7 101.0
店内廃棄物、閉店・改装時の産業廃棄物 Scope3 カテゴリ5 千トン 23.3 24.8 27.7 26.5 26.3 28.0 24.0 25.3 20.6
出張 Scope3 カテゴリ6 千トン 0.5 0.5 0.5 0.5 0.6 0.6 0.9 0.9
容器・割り箸・レジ袋の廃棄 Scope3 カテゴリ12 千トン 35.0 47.6 52.9 34.2 34.6 37.3 43.2 59.8 23.8
FC加盟店の電力 Scope3 カテゴリ14 千トン 780.1 878.6 1,109.3 1,091.3 1,020.4 1,072.0 1,117.4 1,104.2
1店舗当たりのCO2排出量 1店舗当たりの電気使用によるCO2排出量※2 t 68.2 86.1 86.7 101.8 98.3 98.8 95.4 90.3 86.3 79.9 74.2
1店舗当たりの配送車輌によるCO2排出量の2007年度比削減率 16.9 21.3 23.8 22.8 24.2 21.0 22.2 20.2 18.5 17.9 19.4
配送車両の1日1店舗当たり台数(新聞・たばこを除く) 7.29 7.29 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0 7.0
社用車 社員が使用する自動車の台数 2,100
CO2オフセット運動
(排出権の移転代行、排出権付き商品)
によりオフセットしたCO2
オフセット量 累計実績 t 16,200 16,900 20,500 23,500 24,700 26,100 27,600 29,300 29,600 29,900 30,021
省資源 プラスチック製容器包装 プラスチック製容器包装重量(指数) 100.0 98.3 87.6
レジ袋削減への取り組み ケータイバッグ配布の累計実績 万枚 260 271 326 429 431 434 438 443 444 541 719
1店舗当たりのレジ袋使用重量 kg 674 681 690 683 667 668 667 652 655 638 343
レジ袋配布率 % 74.0 74.3 75.4 76.3 77.1 76.8 78.0 77.5 78.5 77.3 25.1
レジ袋総使用重量 t 5,978 6,250 6,661 6,988 7,203 7,592 7,975 8,316 8,854 8,795 4,723
廃棄物削減 食品リサイクル実施状況 廃油リサイクル実施店 ローソングループ計※3 8,500 9,142 9,875 10,468 11,059 11,470 12,348 13,156 13,973 14,411 14,112
食品リサイクル実施店(飼料化・肥料化) ローソングループ計※3 1,649 2,012 2,248 2,292 2,475 2,381 2,582 2,845 3,031 2,775 2,634
熱回収 ローソングループ計※3 142 145 155 164 170 174 103 105 110 106 91
1店舗当たりの食品ロス削減率 ローソン単体 100.0 16.0
食品リサイクル等実施率 ローソン単体 % 34.7 47.6 50.3 47.6 44.7 41.1 44.3 44.5 47.9 50.2 58.4
1店舗1日当たりの平均廃棄物量 調査対象:東京都内の一部店舗、
(2013年度~)全国の食品リサイクル実施店舗※4
kg 51.8 52.0 53.7 53.7 51.6 51.0 55.4 55.9 52.2 47.1 39.9
  • サプライチェーンを通じた、 温室効果ガス排出量の算定方法基本ガイドラインに関する業種別解説(小売業)Ver.1.0に基づき、排出原単位データベースVer.3.1から算定しています。
    ローソンのサプライチェーンすべてを網羅しているものではありません。また、Scope2は2020年度から店舗の電力を合算しています。
  • CO2排出係数は2016年度までは電気事業連合会の受電端の調節後係数、2017年度以降は電気事業者別排出係数を使用し算出しており、係数は毎年異なります。
  • 当社連結グループの運営するコンビニエンスストアの店舗数であり、㈱ローソン、㈱ローソン沖縄、㈱ローソン南九州、㈱ローソン高知の運営する店舗数を含みます。
  • 2013年度以降は、食品廃棄物は全国の食品リサイクル実施店の実績、それ以外の廃棄物は東京都内の一部店舗の実績を合計した数値になります。

寄付金額の推移

(単位:百万円)

  ローソン緑の募金 夢を応援基金
(ひとり親家庭支援奨学金制度)
夢の教室募金 夢を応援基金
(東日本大震災奨学金制度)
TOMODACHI募金 災害募金等 合計
累計額 4,441 751 15 1,951 116 3,255 10,529
2020年度 88 215 6 140 450
2019年度 133 168 9 3 110 423
2018年度 150 205 18 9 219 602
2017年度 157 162 48 15 53 436
2016年度 146 134 14 367 661
2015年度 110 189 24 94 417
2014年度 97 291 31 31 449
2013年度 83 330 20 49 482
2012年度 110 388 4 502
2011年度 111 554 1,073 1,738
2010年度 245 71 316
2009年度 233 36 270
2008年度 254 45 299
2007年度 238 40 278
2006年度 247 23 270
2005年度 232 64 296
2004年度 175 275 450
2003年度 196 7 203
2002年度 177 45 221
2001年度 192 77 268
2000年度 154 93 247
1999年度 190 45 235
1998年度 166 166
1997年度 154 154
1996年度 107 107
1995年度 98 295 393
1994年度 79 79
1993年度 96 96
1992年度(9月~) 24 24

※表示単位未満を四捨五入しています。

※寄付金額には、店頭募金箱・Loppi募金・ポイント(Pontaポイント及びdポイント)による寄付に加え、本部寄付金等が含まれています。

「ローソン緑の募金」活動実績

  支援した活動(ヵ所) 緑化面積(ha) 手入れをした森の木の本数(万本) ビオトープ造成・改修(ヵ所)
累計 累計 累計 累計
2020年度 5,744 7,762 1,941 209
2019年度 4,893 7,753 1,939
2018年度 4,632 7,618 1,905
2017年度 4,379 7,443 1,861
2016年度 4,148 7,104 1,776
2015年度 3,947 6,989 1,747
2014年度 3,741 6,771 1,692
2013年度 3,489 6,679 1,669
2012年度 3,214 6,554 1,637
2011年度 2,912 6,367 1,591
2010年度 2,603 6,038 1,509
2009年度 2,298 5,704 1,425
2008年度 2,017 5,329 1,332
2007年度 1,736 4,984 1,246
2006年度 1,528 4,510 1,127
2005年度 1,340 4,093 1,023

1992年9月からの累計です。
緑化面積・本数は、「ローソン緑の募金」総額及び「緑の募金」全体の活動実績から、一定の仮定のもとに算出したものです(データは2月末日現在)。

人事データ

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
社員数(単体)(人)※1 4,261 4,470 4,586 4,631 4,790
  (男性/女性)(人) 3,573/688 3,714/756 3,763/823 3,749/882 3,847/943
女性社員比率(%) 16.1 16.9 17.9 19.0 19.7
新卒採用数(人) 174 209 187 225 221
  (男性/女性)(人) 95/79 115/94 109/78 125/100 122/99
女性管理職比率(%) 7.93 8.30 9.50 10.10 10.70
産休制度利用者数(人) 31 42 40 35 20
育児休職利用者数(人) 128 152 165 183 162
  (男性/女性)(人) 94/34 109/43 112/53 136/47 117/45
育児時短勤務制度利用者数(人) 76 84 74 87 73
在宅勤務(リモートワーク)利用者(人)※2 18 15 24 23 1,547
介護休業制度の利用者数(人) 1 2 1 1 1
月間平均残業時間 9.74 9.90 11.20 10.70 9.40
有給休暇取得率(%) 36.2 42.7 40.9 53.4 54.2
平均年齢(歳) 39.7 39.4 39.4 40.4 40.2
平均勤続年数(年) 12.3 12.5 12.8 13.7 13.6
  (男性/女性)(年) 13.3/7.3 13.6/7.5 13.9/7.6 15.0/8.0 15.0/8.1
離職率(%) 6.2 7.4 6.7 8.4 6.3
離職人数(人) 171 243 309 388 301
障がい者雇用率(%)※3 2.00 1.90 2.24 2.15 2.25
初任給(円)※4 - - - - 大学卒:
211,000円
(月給)
大学院卒:
224,620円
(月給)
  • 社員数(単体)は、総人数-(関係会社出向・受入出向・FOI★)
  • 2020年9月より全社員対象のリモートワーク制度へ刷新。人数は20年9月利用申請人数
  • 障がい者雇用率はグループ計((株)ローソン・(株)ローソンウィル・(株)ローソンエンタテインメント・(株)ローソンストア100))、雇用契約ベース
  • 東京23区在住の場合。その他、勤務地・居住地等により金額が異なります。

★FOI : 「FCオーナーインターン」の略で、加盟店独立開業を前提とした契約社員

労働安全衛生関連データ

  2018年度 2019年度 2020年度
労働災害件数 *通勤災害除く(件) 52 54 48
労働災害死亡件数(件)※1 0 0 0
休業災害件数(件)※2 13 13 11
休業災害度数率(%)※3 0.89 0.93 0.83
  • 労働災害(通勤災害は除く)のうち、死亡を伴う労働災害件数
  • 労働災害(通勤災害は除く)のうち、負傷または疾病の療養のために出勤できなくなった労働災害件数
  • (休業災害数+死亡災害数)/延べ総実年間労働時間×100万時間

女性に関するデータ

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
女性課長職人数 78人 88人 104人 111人 121人
全体に占める女性比率 8.20% 8.50% 9.70% 10.27% 11.40%
女性部長職人数 14人 15人 16人 16人 10人
全体に占める女性比率 6.90% 7.60% 8.20% 9.30% 6.17%
女性(理事)執行役員人数 0人 0人 0人 1人 2人
全体に占める女性比率 0% 0% 0% 3% 6%
女性役員人数 4人 4人 4人 5人 6人
全体に占める女性比率 33.30% 33.30% 33.30% 41.67% 46.15%

※役員は取締役・監査役をいいます。また、執行役員は、執行役員・理事執行役員をいいます。

サステナビリティ関連研修一覧

横にスクロールしてご覧ください

  研修名 対象者 開催頻度 研修のねらい 主な学習項目 年間人数
社員教育
キャリアデザイン研修 53歳に達する社員 年2~4回 仕事・健康・余暇・マネーなど、さまざまな視点で自身のキャリアをとらえなおし、今後のキャリアを自律的に考える 今後対象となる人事制度について、ライフプラン・マネープラン・健康・余暇について、キャリアプランについて 39名
*20年度受講者
人権・ダイバーシティ研修 全社員 年1回 ①差別や偏見・ハラスメントについての正しい理解促進②ダイバーシティへの理解を深め、互いに思いやりのある行動ができるようになること 人権・ダイバーシティの基礎知識、多様な人々への理解、ハラスメント、アンコンシャス・バイアス、心理的安全性 全社員
SDGs研修 全社員 年1回 ローソングループが目指す持続可能な開発目標(SDGs)実現への取り組みを理解し、行動に結びつけること。 SDGsに関する基礎知識、当社における課題・取り組み 全社員
コンプライアンス&リスク研修 全社員 年1回 コンプライアンス及びリスク管理を日常業務の中で意識し、適切に行動できるようになること コンプライアンス・リスク管理に関する基礎知識、事例共有、業務における心構え・対応方法 全社員
労務管理研修 全社員 年1回 正しい働き方・労務管理に関する基礎知識の習得 一日の働き方・勤務時間に関する基礎知識、勤務計画、勤務報告 全社員
管理職向け労務管理研修 管理職 年1回 部下の労務管理における心構えと基礎知識の習得、適切な労務管理の実現 労務管理の基礎知識、労働時間の把握、時間外労働の考え方、勤務計画 管理職
リモートワーク研修 リモートワーク申請者必須
(受講は全社員可能)
年1回 リモートワーク制度の理解、リモートワークにおける働き方の習得 リモートワークの目的・効果、リモートワーク制度の内容・申請方法、リモートワークにおける働き方の注意点・ルール 4,279名
*20年度受講者