ローソンにおける重点課題

ローソンにおける重点課題

事業方針の「3つの約束」をもとに、当社のバリューチェーンにおける取り組みについて、社会課題・情勢などに鑑み、重点課題を6つに分類しています。小売業にとって最も重要な安全・安心、社会インフラとしての取り組みを強調し、お客さま起点で決定しました。
また、2021年度から主要グループ企業も重点課題を特定し、目標(KPI)を立てました。ローソングループ一丸となって社会・環境課題の解決に向けて取り組んでいきます。

※主な取り組み・サービスについては、すでに完了したものは外し、新たなものを追加するなど、改廃しています。

表はスライドしてご覧ください

事業方針 対応するSDGs目標 重点課題
(マテリアリティ)
主な取り組み・サービス
安全・安心と社会・環境に配慮した圧倒的な高付加価値商品・サービスの提供
  • 高付加価値のPB商品の提供
  • まちかど厨房の展開
  • 地産地消商品の企画・開発、国産食材の積極的な活用
  • 社会・環境に配慮した商品の開発・販売
  • ローソンファーム(農場)の展開
  • 社会の変化に対応した商品・サービスの開発
  • 社会(人権等)・環境に配慮したサプライチェーンの構築・運用
  • 取引先との公平公正な取引の実施
商品や店舗を通じてすべての人の健康増進を支援
  • 減塩、低糖質、タンパク質を強化した商品の開発
  • 保存料・合成着色料の不使用
  • 医薬品を販売する体制づくり
  • ナチュラルローソン、ヘルスケアローソンの拡大
  • 自治体との健康づくりの連携推進
  • オーナー・クルーの健康取り組みへの支援・補助
  • 健康経営の推進(社員の健康チャレンジ促進)
働きやすく、働きがいのある環境の提供
  • 働きやすい店舗環境の整備
  • 店舗クルーの育成、定着促進
  • オーナーサポート制度の導入
  • 多店舗経営のマネジメントオーナー(MO)制度の推進
  • FC加盟店とのコミュニケーション強化
  • 人財の多様化推進
  • DX等を活用した働きがい改革の推進
  • 産休・育休・看護・介護休暇等の整備と利用拡大(保育園の運営)
子どもの成長と女性・高齢者の活躍への支援
  • ひとり親家庭支援奨学金制度の継続
  • 子どもたちの未来のための募金の推進(学校緑化、夢の教室)
  • 子どもたちの学習を支援する環境づくり
  • 食品の支援を必要とする施設等への商品寄贈
  • ケアローソンの展開(介護支援)、イベントでの地域活性化
  • セーフティステーション(SS)活動の推進(女性や子ども、高齢者の見守り)
社会インフラの提供による地域社会との共生
  • 移動販売、デリバリーサービスの拡大
  • ネット商品の発送、返品・返却、宅配便の店頭受け取りサービス
  • ローソン銀行ATMサービス、金融サービスの仲介推進
  • 行政証明書の発行サービス
  • 自治体との包括協定等の締結・連携の推進
  • 災害時の国・自治体と連携した被災地支援
脱炭素社会への持続可能な環境保全活動
  • CO2削減:店舗・オフィスの省エネ化の推進
  • CO2削減:再生可能エネルギーの活用・拡大
  • CO2削減:物流の効率化と環境対応トラックへの切替えの推進
  • 食品ロス削減:売り切り・量り売り・消費期限の長い商品の開発等の推進
  • プラ削減:容器包装及び販促資材等のプラ使用量の削減
  • コピー用紙などの天然資源使用の削減