脱炭素への取り組み

効率的な物流システムの構築

ローソンでは脱炭素社会の実現のため、全国に張り巡らせた物流網の効率化を図るとともに、環境対応車などの導入により環境負荷の低減を目指しています。

共同配送や配送頻度の適正化

常温商品とチルド商品など異なる温度帯で管理する商品を間仕切りによって1台の配送車で運ぶことのできる「二室式二温度管理車輌」を使用するほか、日用品や加工食品、冷凍食品の配送回数の見直しなどを行い、1店舗1日当たりに到着する納品車輌の平均台数を1989年度の16台から7.0台(新聞・本・雑誌・たばこを除く)にまで減らしています。

※チルド商品:米飯や乳製品・デザートなど温度管理が必要な商品

トラックの1店舗1日当たり平均台数

エコドライブの推進

アイドリングストップの徹底や騒音の防止など、ドライバーに対する教育・研修を実施。エコドライブを推進されている委託会社に対する表彰なども行い、ドライバーの意識向上を図っています。

ドライバーに対する表彰式の様子

2020年12月から、コンビニエンスストア3社及びトヨタ自動車株式会社、日野自動車株式会社の5社共同で燃料電池小型トラックの導入を目指し、取り組みを開始しました。2021年7月から東京都においてトラック1台の実証実験により燃料補給、配送、荷卸し作業における課題の洗い出しを行います。