ローソンの環境への考え方

ローソングループ環境方針

ローソングループでは、持続可能な社会の実現に向けて多くのチャレンジを進めていくことが使命であると考えています。そこで、環境への取り組みを推進するために「ローソングループ環境方針」を制定しています。
方針では、豊かな地球の恵みを次世代へ引き継ぐため、常に自然環境及び地域社会に配慮した事業活動及び地域社会との共生を宣言しています。
ローソングループとしてこの環境方針をもとに積極的に環境に関する活動に取り組み、企業価値の向上を目指しています。

ローソングループ 環境方針

基本理念

私たちは、ステークホルダーと協働して豊かな地球の恵みを次世代へ引き継ぐため、常に自然環境及び地域社会に配慮した事業活動を行うとともに、地域社会との共生と持続可能な発展に向けて積極的に行動します。

方針

  • 脱炭素社会の実現に向けた環境保全活動の推進
    気候変動に対応し、脱炭素社会の実現に向けて、事業活動における省エネルギー、省資源、廃棄物の削減などの環境保全活動に取り組みます。
  • 商品・サービスなどの開発における配慮
    原材料の調達から販売、廃棄までのすべての段階において、生物多様性及び地域社会への影響を十分に配慮して開発します。
  • 店舗等設備の建設・運営における配慮
    店舗等設備の建設・運営に当たっては、省エネルギー・省資源に努めます。また、店舗等から排出する廃棄物・水等を適正に処理するとともに、その削減及び汚染の防止に努めます。
  • 社会貢献活動への積極的な参画
    地域社会の一員として、子どもたちの未来のために社会貢献活動への積極的な参画を進めます。
  • 継続的な改善の実施
    気候変動の緩和や生物多様性に資する目標の達成を図るため、PDCAサイクルを回し、継続的な改善により環境保全に努めます。
  • 法令等の遵守
    環境保全活動に関連する国際規範及び諸法規、そして自ら定めたルールを遵守します。
  • コミュニケーションの推進
    環境教育の推進により環境保全に対する意識の向上を図るとともに、ステークホルダーとのコミュニケーションを推進します。

2021年8月31日改訂