ジブリ美術館

ジブリ美術館

マンスリーレポート

三鷹の森ジブリ美術館 2021年6月 マンスリーレポート

新企画展示がスタート!ジブリ初のフル3DCG作品『アーヤと魔女』展

お兄ちゃん
お兄ちゃん

スタジオジブリならではの3DCG制作工程に迫る!!

 スタジオジブリ最新作、そして初のフル3DCGアニメーション作品として注目を集める映画『アーヤと魔女』の公開を記念した新企画展示がスタート。今や日常的に目にするCGアニメーションだが、実は、手描きのアニメーションより手間のかかる工程も多くあるのをご存知だろうか。“3Dで作る”ということは、360度どこからみても「立体」として成立させなければならない。では「立体」を作りこむ作業とはどのようなものだろうか?本展示ではジブリならではのCGアニメーションと手描きアニメーションとの比較を交えながら、どのような制作工程をたどり、そしてどのようにして『アーヤ』が生まれたのか、宮崎吾朗監督が自ら説明する。使用する道具は違うけれど、良い作品を作りたいという志は同じ。作品誕生までの過程、そこに込められた思いや志を知れば、映画をもっと楽しめること間違いなし!

アーヤと魔女

アーヤと魔女ストーリー

★映画『アーヤと魔女』は近日ロードショー!★


 
 
「季刊トライホークス」をデジタル配信!
3ヶ月ごとに発行しているフリーペーパー「季刊トライホークス」最新号をPDFファイルで公開。
詳細は、三鷹の森ジブリ美術館HPをご確認ください。

© 2020 NHK,NEP,Studio Ghibli ©Museo d'Arte Ghibli ©Studio Ghibli

(月刊ローチケ6月号 掲載)


※過去のマンスリーレポートにて掲載の内容に関しまして、既に終了しているイベント・展示・メニューがあります。
予めご了承願います。

◆チケットは事前予約制◆

三鷹の森ジブリ美術館 TOPに戻る



TOP