ローソンキャンプ

ローソンキャンプ

ローソンキャンプ:No.30  セルフ「盛りすぎ」も可能!?ミートボールパスタを食べよう

バナー

こんにちは!ローソン研究所、研究員です。
春休み真っ只中。気温もぐんぐん上昇し、いよいよキャンプシーズンも本格化してまいります。
自分は冬キャンプを行わないスタンスなので、2023年のキャンプ初めはこのタイミング。

昨シーズンにしまった道具やテントなどを使いながら確認していくためにも、近場でサクッとソロキャンプを敢行。
昨今のブームもあって、そんなに遠出しなくてもアウトドア体験ができる施設が増えてきたのがうれしいところ。
きょうは千葉県北部の某キャンプ場に来ています。

写真

写真

こちらはゴルフ場をリノベーションしたキャンプ場、とのことで、芝生ベースの縦に長いスペース。
ほどよい平地を見つけて、ココをキャンプ地とする。テントも道具も特に問題なさそう。

そんな近場で実施するキャンプなので、今日はお手軽ごはんでお昼を済ませたいと考えています。
そういえば、ローソンにはミートボールがあったな…
某アニメで登場したような、ミートボールたっぷりのパスタとか欲望の赴くままに食べるのもアリだな…
そう考えて近くのローソンへ買い出しに。今日のお昼はお外でお手軽パスタ料理!

ミートボール、ミートソース、パスタ。それだけ!

写真

ものすごいお気軽に腹を満たしたい。
そう思って購入してきたのはこちらの3品。

1: ミートボール 1袋
2: ミートソース 220g
3: スパゲッティ 結束400g (うち100gを使用)

たったこれだけ。そう、キャンプでもお手軽ごはんを食べたっていいんです。
この3品で、ボリュームたっぷりのパスタが作れるんです。

あたためて、茹でて、あえたら出来上がり!

まずは先だってミートボール、ミートソースをお湯で袋ごとボイルしていきます。
キャンプ場だと火の利用は限られるので、一度指定時間温めたら、お湯に入れた状態で火のそばに退避。

そしてパスタを茹でていきます。
 

写真

キャンプ場のコンパクトな鍋(場合によってはフライパン)でパスタを茹でる。なかなか難しい問題ではあります。
某アニメのように乾麺を折って入れるもよし。ゆっくり曲げながら鍋に入れるもよし。水で戻すなんて手法も最近はあるようです。
今回は折り曲げながら深いフライパンに沿わせて入れていきます。
ゆで汁もアレンジして最低限になるように計算。
おうちではたっぷりのお湯と塩で茹でますが、この辺はキャンプならではのずぼらアレンジを加えつつ。

指定時間茹でて、程よい硬さ、アルデンテになったら鍋から取り出して、ミートボール→ミートソースの順番で盛り付けていきます。
そんなわけで完成したのがこちら!

写真

こちらは一食分取り分けた写真となっていますが、実際には盛りすぎなパスタに。これはがっつり系。
早速いただきます!

ミートソースの濃厚な味わいがミートボールに絡んで、これはボリューミー。
パスタもソースとよく絡んで大変おいしゅうございます。

お子様でも食べられる甘めな味わいになっているので、お好みでタバスコや赤トウガラシなどを入れるとちょっとパンチの聞いた味わいに。
ベーコンなどたき火で炙って「追い肉」してみるのも楽しそうですね。
 

写真


自宅でも作れる簡単レシピをキャンプ場で実践してみました。
ちょっと手を加えるだけでレトルトとは思えない本格的な味わいが楽しめますので、ぜひ興味のある方はお試しください!
 

※画像はすべてイメージです。
※登場する商品の価格は、掲載当時の売価、消費税を基にしています。
※商品または店舗によっては、一部取り扱いのない場合がございます。
※都合により商品の内容が一部変更になる場合がございます。
※「ローソン標準価格」は、株式会社ローソンがフランチャイズチェーン本部として各店舗に対し推奨する売価です。
※店舗により納品時間が異なるため、発売時間は前後する場合がございます。
 

【お知らせ】からあげクンローソンキャンプ LINEスタンプ発売中!

https://www.lawson.co.jp/lab/karaagekun/art/1455482_5304.html

一覧に戻る



TOP