トピックス

2020年7月21日

「赤い羽根『臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金』」を社会福祉法人中央共同募金会へ寄託しました

株式会社ローソンは、ポイント(Pontaポイント・dポイント)による「赤い羽根『臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金』」を2020年4月14日(火)から5月31日(日)まで受け付けし、2020年6月30日(火)に募金143,877円を全額、社会福祉法人中央共同募金会へ寄託しました。

お預かりしたポイントは、新型コロナウイルス感染症の影響により、さまざまな困りごとを抱えたご家族や子どもたちの支援に役立てられています。

<支援の例1>

お子さんのいるご家庭へのお弁当の配布

(活動団体の声)
・多くの方々からのご支援が、活動力となり励みとなっています。皆さまの温かいお気持ちに、愛情をプラスして、これからも笑顔が広がる活動を続けていきます。
・助成金を受けて新たな取り組みができました。今できることをやろうという思い・願いを支えてくれる存在を心強く感じます。

<支援の例2>

学習支援活動(自宅で学習する環境が整わない子どもたちへの学習の場の提供)

(活動団体の声)
・今もここを必要として、学びや居場所に通う子どもたちがいます。そんな居場所がなくならないように、衛生管理を行いながら活動を行っています。非日常的な中にも子どもたちは喜びや発見を見つけ出します。そのちょっとの手助けを継続したいですね。

皆さまからの温かいご支援、まことにありがとうございました。

★募金開始時のご案内(CSRトピックス)はこちらへ
https://www.lawson.co.jp/company/activity/topics/detail_jin/1395364_9112.html

★「赤い羽根『臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金』」について、詳しくはこちらへ[PDF:583KB]
https://www.lawson.co.jp/company/activity/topics/pdf/akaihanereport.pdf


<ローソンにおけるSDGsの取り組み>
2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。2030年までに解決すべき17の目標と169のターゲットが掲げられました。
ローソンも、「マチを幸せにする」という企業理念の実現のため、SDGsの推進に積極的に取り組んでいます。
それに関連して、CSRトピックスでは2020年7月1日掲載分より、それぞれ該当するSDGsの目標を明示しています。