トピックス

2021年2月26日

「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」2021年度の奨学生400名を募集しています

株式会社ローソンが創設した「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」では、2021年4月28日(水)までの書類(第一次選考用)必着で、2021年度の奨学生400名を募集しています。

ローソンは2017年7月1日に、ひとり親(母子等)家庭で就学が困難な生徒さんの夢を応援する、「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」を創設し、店頭募金などの「ローソングループ“マチの幸せ”募金」で受け付けています。

そして、ひとり親家庭の子どもたちが夢をもって「勉強したい」「進学したい」という思いを実現できるように、同奨学金制度を通して、返還不要で1人につき月額30,000円の奨学金を給付しています。奨学生の数は、2017年度から2020年度までそれぞれ400名で、延べ1,600名にのぼります。2021年度についても400名の奨学生を募集し、引き続き子どもたちへの支援を継続してまいります。

なお、応募方法やその他のお問い合わせなどは、運営主体の一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)、または各地の全母子協加盟団体までお願いします。
→全母子協サイト http://www.zenbo.org/ (外部リンク)

【奨学生の募集概要】
■対象者:日本全国47都道府県にお住まいで、下記のどちらかに当てはまる生徒さん(2021年4月時点)
1. 中学校3年生の生徒さん
2. 高等学校、高等専門学校、特別支援学校(高等部)1~3年生の生徒さん

■応募資格:下記の全ての条件を満たす生徒さん
1. ひとり親世帯(母子家庭など)であり、就学に関して経済的に困難な生徒さん
2. 夢を実現するための意欲があり、社会貢献への積極的な姿勢のある品行方正な生徒さん
3. 全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)加盟団体 (居住地の団体)の会員、
  及び入会を希望される方の子ども(生徒)さん
4. 会員登録している加盟団体、及び入会を希望する団体代表者が
  奨学生として推薦するに相応しい生徒さん

■支援人数:中学校3年生、高等学校などの1~3年生の計400名

■奨学金:1人につき、月額30,000円を給付(返還不要、他の奨学金との併用可)

■運営主体:一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)


★応募方法などの詳細について、詳しくはこちらへ(外部リンク)
http://www.zenbo.org/scholarship

★「夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)」について、詳しくはこちらへ
https://www.lawson.co.jp/company/activity/social/bokin/kikin/

★「ローソングループ“マチの幸せ”募金」について、詳しくはこちらへ
https://www.lawson.co.jp/company/activity/social/bokin/


<ローソンにおけるSDGsの取り組み>
2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。2030年までに解決すべき17の目標と169のターゲットが掲げられました。
ローソンも、「マチを幸せにする」というグループ理念の実現のため、SDGsの推進に積極的に取り組んでいます。