トピックス

2020年12月28日

【中部地方】岐阜県立大垣養老高等学校の生徒さんたちと岐阜県産の食材を使用した商品を共同開発しました

株式会社ローソンは、岐阜県立大垣養老高等学校の生徒の皆さん6人と共同開発した商品を、2020年12月15日(火)に中部エリア※のローソン約1,600店舗(2020年10月末時点、「ローソンストア100」を除く)で発売しました。

(写真左)同県の関牛乳を使用した「ふわっと関牛乳シュー」(税込135円)
(写真右)同県の飛騨高原牛乳を使用した「チョコチップクロンパン」(税込140円)

ローソンは2010年から、同校食品科学科の生徒さんたちと商品共同開発を実施しています。11年目を迎えた今年は、初めてデザートの商品化にも挑戦し、牛乳のさっぱりした味わいにこだわりました。

発売前の12月10日(木)には、同校において生徒の皆さんが出席し、商品説明会を開催しました。

商品説明会の様子
当社からは、中部商品部長の姫野淳らが訪問

■商品を考案した生徒さんたちからのコメント
「2つの商品ともに、地元の牛乳のおいしさを味わっていただけるように、ホイップクリームをポイントにこだわって仕上げました」

ローソンは今後も、ご当地食材を使用した商品の発売や、青少年との取り組みを通じて、マチ(地域)の活性化に努めてまいります。

※愛知県、静岡県、岐阜県、三重県(一部店舗を除く)、富山県、石川県、福井県(一部店舗を除く)

★ニュースリリースはこちらへ
https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1422682_2504.html


<ローソンにおけるSDGsの取り組み>
2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。2030年までに解決すべき17の目標と169のターゲットが掲げられました。
ローソンも、「マチを幸せにする」というグループ理念の実現のため、SDGsの推進に積極的に取り組んでいます。