トピックス

2019年2月8日

【近畿地方】大阪産のみかんを使用したベーカリーを販売し、販売1個につき3円を「大阪府子ども輝く未来基金」に寄付します

株式会社ローソンは2019年1月29日(火)から、近畿2府4県のローソン2,437店舗※1(2018年12月末時点、「ローソンストア100」を除く)で大阪産のみかんを使用したベーカリー「大阪産(もん)みかんサンミー」(税込138円)を期間限定で販売しました。この商品の販売1個につき3円を「大阪府子ども輝く未来基金」※2に寄付いたします。

「大阪産(もん) みかんサンミー」(税込138円)
大阪産(もん)のみかんクリームを包んだデニッシュ生地に、みかん風味のケーキ生地をかけ、さらにチョコを線状にかけました

これは、大阪府と締結している包括連携協定の一環で行われたものです。

大阪府は、大阪府内で栽培・生産される一次産品とそれらを原材料にした加工食品を「大阪産(もん)」として、需要の拡大を図っています。大阪産(もん)の一つである「大阪みかん」は、泉州や南河内地域の丘陵部で古くから生産されているコクのある味のよいみかんです。今回、有限会社いずみの里が製造する大阪みかんのペーストを、株式会社神戸屋の商品であるパン「サンミー」のクリームに使用していただきました。

ローソンは、今後も地元の食材を使用した商品を販売することで、マチ(地域)の活性化に貢献してまいります。

※1:一部、三重県名張地区、福井県小浜・美浜地区の店舗を含む
※2:「大阪府子ども輝く未来基金」は、「子どもの貧困対策に貢献したい」という
   企業や府民の方々の思いを受け止め、子どもたちを支援できるように
   2018年3月に設置された基金

★大阪産(もん)について、詳しくはこちらへ(外部リンク)

★「大阪府子ども輝く未来基金」について、詳しくはこちらへ(外部リンク)