社会・環境

社会貢献活動

夢を応援基金(ひとり親家庭支援奨学金制度)

一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)が運営しています。

ローソングループは、次世代を担う子どもたちにあきらめずに「夢」に向かってほしいという願いを込めて「夢を応援基金」を創設し、店頭募金や本部寄付金などを活用した奨学金やサポートプログラムを通じて支援しています。

2017年7月1日から、従来の「東日本大震災奨学金制度」に加え、「ひとり親家庭支援奨学金制度」を創設し、ひとり親(母子)家庭などのお子さんを支援しています。

近年、子どもの貧困が大きな社会的問題となっており、とくにひとり親家庭のお子さんが「学業を続けたい!」「進学したい!」との希望をもちながら、経済的な問題により学びを断念することが増加しています。

そこで、子どもたちが経済的な問題で夢をあきらめなくて済むよう、「夢を応援基金」に「ひとり親家庭支援奨学金制度」を追加し、奨学金の給付を開始しました。

ローソングループはお客さまとともに、奨学金の支給をはじめ、さまざまな活動を通じ、夢に向かう子どもたちを支援してまいります。

■詳細は全母子協公式サイトへ(外部リンク)

<ひとり親家庭支援奨学金制度概要>

対象学年:
中学3年生、高校1年生~3年生
対象人数:
合計400名
毎年度、卒業生の数に合わせて追加募集する予定です。
給付額:
月額30,000円(返還不要、他の奨学金との併用可)
対象者:
①ひとり親(母子)家庭等の生徒で就学に関して経済的に困難な生徒
②夢を実現するための意欲があり、社会への貢献を希望する生徒
③全母子協の加盟団体の会員、 及び入会を希望する方のお子さん(生徒)
④全母子協理事長、または全母子協加盟団体代表者の推薦を受けることができる品行方正な生徒
運営主体(寄付先):
一般財団法人 全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)
開始時期:
2017年7月1日より店頭募金などで受付開始
選考手順:
学識経験者、全母子協の役員、ローソンの役員などで構成する選考委員会にて決定
その他:
奨学金支給のほか、学習支援や体験型プログラムなど、さまざまな活動を通じて子どもたちをサポートいたします。
「ひとり親家庭支援奨学金制度」で、
高校進学を実現!
たくさんの喜びの声が届いています

一般財団法人 全国母子寡婦福祉団体協議会 理事長
海野 惠美子 さん

ひとり親家庭は、経済的な問題を抱えている場合が多く、特に母子家庭の場合はお母さんが仕事を掛けもちして働いているため、子どもと過ごす時間が少ない家庭も多く見受けられます。一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)と地域の母子福祉団体は、そのような方々のために旅行やイベントを開催して家族や仲間とのコミュニケーションの機会を増やすとともに、さまざまな相談やアドバイス、そして就学や就労に関する支援などをしています。
全母子協にとって、経済的な問題で高校進学を断念したり中途退学を余儀なくされたりする子どもたちを支援するための奨学金制度の実現は長年の夢でした。ローソングループが「夢を応援基金(東日本大震災奨学金制度)」で奨学金給付の実績があることを知り、私たちは一緒にひとり親家庭のための奨学金制度の実現に取り組む決心をしました。今、この奨学金のおかげで400人の子どもたちがあきらめることなく高校へ進学し、勉学やスポーツに励んでいます。
日本中の方々の善意が子どもたちの未来を支えてくれています。私たち全母子協や母子福祉団体は、感謝の気持ちでいっぱいです。奨学生自身やお母さま・お父さまからも、たくさんのお礼の言葉をいただいています。「受験できるだけでもうれしかったです」「好きな陸上競技を続けられます」「多くの方の善意で子どもの教科書や制服が購入できました」「看護師という娘の夢のために使わせていただきます」など、この奨学金が子どもたちとその家族の未来に大きな夢を与えてくれました。これからも末永く「ひとり親家庭支援奨学金制度」を続けていけるよう、ローソングループとともに、私たち全母子協と母子福祉団体もがんばっていきたいと思っています。

選考委員会の様子

奨学生と親御さんからのお礼の手紙

  • 夢を応援基金 公益社団法人Civic Forceが運営しています。