ローソンオーナーになったきっかけは?

天職だと思っていた小売業を一生続ける為に、1994年、42歳でこの道を選びました。独立当初は良いお店を作ろうと早朝から夜中まで必死で働いていましたね。大きな転機となったのは独立の翌年におきた阪神淡路大震災。ショックは相当大きかったのですが、1日も休まずお店を開け、目の前の人に必死で商品を届けました。そして、周りの人にも助けてもらい、改めてローソンがマチに必要とされるお店であり人と人の絆の素晴らしさに感動しました。2店舗目の展開はチャンスが巡ってくるまで焦らず目の前の仕事をしっかり行い、自分の右腕を育てることに注力しました。そのスタンスで1歩1歩地道に経営した結果、2012年に「ローソン独自の制度」のマネジメントオーナー(MO)に認定されました。経験と指導力のある店長を各店舗の運営指導を行う「ストアコンサルタント」に置き、本格的な事業経営のスタイルに切り替えました。

この仕事の醍醐味は?

現在6店舗でアルバイトを入れて100名以上を束ねる経営者となりましたが、今でも現場の仕事が大好きなので、週に3日はお店に立ちます。正直、タフな事ですがこれからは支えてもらった人たちへの恩返しだと思って、60歳を超えても自分で動いて、チャレンジして、店舗と店舗、人と人を繋げて人材育成をしていきたいと思います。

今後のビジョンは?

いまでこそ6店舗を経営していますが、多店舗展開を歩む道では厳しい経験もしました。店舗を増やす事を急いでしまった為に、経験の浅い店長にプレッシャーが掛り、負荷が大きくなりうまくいきませんでした。この経験から人は焦らず育てようと思いましたね。私達MOはローソンの発展と成長が永続するために、共に成長し現場で出来る事を推進するのがミッションだと思います。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

月に1度は釣りに出掛けますが、基本は商いが趣味みたいなものですね。私の場合365日、妻と一緒なんですよ。夫婦仲が悪くなったら、この仕事は続きませんね。

他のオーナーの
インタビューも見る