ローソンオーナーになったきっかけは?

母親が小売店を営んでいた場所にローソンを開業したのが1993年。当時は、コンビニがまだ少なく苦戦するかと思っていましたが、丁寧な接客を心掛けたことで地域に根付き売上は右肩上がりで伸びていきました。おかげさまで当初の計画通りに早いタイミングで3店舗経営を実現。この時点では、3店舗以上に増やす計画は立てていませんでした。ところが、2011年に息子が会社を退職し、私の事業を承継してくれることになりまして、共同代表として手腕をふるってくれるようになりました。ここからが第二のスタートです。瞬く間に4店舗、5店舗と、先行投資と位置付けて急ピッチで店を増やし、気づけば10店舗展開、クルー100名以上という大所帯になりました。3店舗以上増やす気がなかった私の店も、息子と協力して気づけば10店舗展開に成功!世代を超えて広げていけるビジネスです。

この仕事の醍醐味は?

多店舗展開に欠かせない人材育成!適材適所で優れた人材をより伸ばしていくのが私の方針です。初期のクルー達には「ここでしっかり実力をつけて、いつかは独立して自分の店を持ってください。」と言っていました。その言葉の通り、一番初めに入ったクルーは、ローソンで独立を果たしマネジメントオーナーへと成長してくれました。彼を皮切りにこれまで3名のローソンオーナーを輩出し、現在は息子もマネジメントオーナーとなり経営基盤も確固たるものになりました。夫婦二人でコツコツと積み重ねた商いが、人が育つと共に大きく花開いていく。そんな醍醐味がローソンにはあります。

今後のビジョンは?

現在は、事業計画なども一緒に話し合いながら息子と共同代表という形を取っていますが、今年の5月には11店舗目も開く予定ですので主導権をどんどん委譲していこうと考えています。店は生き物ですから、時代、時代にマッチした戦略もありますし、若い視点を活かしての柔軟な経営姿勢も求められていくもの。私はより良い人材が育つ土壌をしっかりと整えながら彼らの活躍を強力にサポートできるように努めていきたいと考えています。もちろん、まだまだ店舗数を増やし成長していきますよ。

趣味や空いた時間の過ごし方は?

開業当初から日曜日は自分達の定休日と決めて、人材を育成してきました。おかげで半年後には1泊2日の旅行ができるまでに!以来、毎年1回は海外旅行に出かけるのが私達夫婦の楽しみとなりました。ペルーにあるマチュピチュとかアフリカにも行きましたよ。昨年も台湾を旅行し、様々な文化にふれてきました。

他のオーナーの
インタビューも見る