澤井 泰佳オーナー

先輩オーナーインタビュー それぞれのオーナーにある、それぞれのストーリーを紹介しています。

  • 説明会について
  • オーナー募集店舗
  • 地域特集ページ
  • 契約タイプから探す
  • ローソン本部が土地・建物を用意するタイプ
  • オーナーに土地・建物を用意して頂くタイプ
  • 契約社員経験後に独立する制度
  • FCオーナー・インターン制度
  • オーナー情報
  • オーナーの主な仕事
  • 先輩オーナーのインタビュー
  • マネジメントオーナー紹介
  • 女性オーナー特設ページ
  • ローソンについて
  • ローソンの特徴
  • トップメッセージ
  • ローソンの強み
  • よくあるご質問
  • オーナーサポート制度
  • 経営のサポート
  • 生活のサポート
  • ヘルスケアローソン
  • LAWSON STORE 100 フランチャイズオーナー募集
  • 「ローソンで働く人への独立支援制度」についてはこちらから
  • その他、店舗・商品・サービスに関するご意見・お問い合わせはこちらから
  • 出店事例・物件募集 土地・建物の有効活用はこちらから
夫婦!親子!兄弟でお店づくり!
澤井 泰佳オーナー

息子が2店舗目の店長を
引き受けてくれた。
その時が何よりも
嬉しかったです。

  • 徳島県
  • ローソン 阿南桑野店
    他1店舗

ローソンオーナーになるきっかけ

1990年頃から徳島でスーパーの経営をしていました。小さいながらも頑張っていましたが、2000年に入りライフスタイルの変化に伴い小売がどんどん変わっていきました。その流れを感じていた中で「ローソンを開業してみませんか」という話をもらい、スーパーをたたみ、再度チャレンジすることに決めました。実はその前にも一度ローソンでの開業の話をもらっていたのですが、当時は「田舎でローソンができるのだろうか?」と古い考えが邪魔をして一歩踏み出せませんでした。その後、息子のスポーツ遠征で全国を回った時に真っ先に探すのがコンビニであることに自ら気づき、「これからの時代はやっぱりコンビニだ」と、次に話をいただいた時に即決しました。

この仕事の醍醐味

2店舗目は息子に任せる事にし、口出しはせずに失敗も含めて自分の店という意識でやってもらいました。息子の店がからあげ100個売ったら、こちらの店は100個以上売ろうと2店舗でゲームのように競争を取り入れています。10年やってみて時代にあわせて進化を続けるのがローソンだと実感しました。

これから

私が始めた時はコンビニが一気に伸び、数年前は飽和状態と言われていましたが、また新たな時代に突入していると思います。ポンタカードの導入やマチカフェなどコンビニの形態も変わっています。ですから、進化を続けるローソンにこちらも常に感覚を新しく持つ事が大切です。現在、59歳ですが今も仕事が大好きです。今後も健康な限りこの仕事を続けていきたいですね。

趣味や空いた時間の過ごし方

決まった休みはとっていません。仕事が大好きなのでその習慣が染み付いていますね。店舗が増えて行き、自分の時間ができたら、釣りをやりたいですね。

このオーナーは中国・四国地域のオーナーです。中国・四国地域のページを見る
テーマ別オーナーインタビューに戻る
このページのトップ
お問い合わせ先
0120-01-3963(9:00〜21:00 年中無休)
お問い合わせ