渡邊 由司オーナー

先輩オーナーインタビュー それぞれのオーナーにある、それぞれのストーリーを紹介しています。

  • 説明会について
  • オーナー募集店舗
  • 地域特集ページ
  • 契約タイプから探す
  • ローソン本部が土地・建物を用意するタイプ
  • オーナーに土地・建物を用意して頂くタイプ
  • 契約社員経験後に独立する制度
  • FCオーナー・インターン制度
  • オーナー情報
  • オーナーの主な仕事
  • 先輩オーナーのインタビュー
  • マネジメントオーナー紹介
  • 女性オーナー特設ページ
  • ローソンについて
  • ローソンの特徴
  • トップメッセージ
  • ローソンの強み
  • よくあるご質問
  • オーナーサポート制度
  • 経営のサポート
  • 生活のサポート
  • ヘルスケアローソン
  • LAWSON STORE 100 フランチャイズオーナー募集
  • 「ローソンで働く人への独立支援制度」についてはこちらから
  • その他、店舗・商品・サービスに関するご意見・お問い合わせはこちらから
  • 出店事例・物件募集 土地・建物の有効活用はこちらから
夫婦!親子!兄弟でお店づくり!
渡邊 由司オーナー

ローソンを経営する両親の楽しそうな姿を見て、私も独立を決意しました。

  • 山梨県
  • ローソン 富士吉田大明見三丁目店 他2店舗

ローソンオーナーになるきっかけ

前職は大手通信機器メーカーの関連工場で働いていました。その時に、当時会社員として働いていた両親から「独立してローソンのオーナーになることになった」という連絡を受けました。突然の独立報告に驚きましたが、当時は私も会社員だったため、すぐに両親の仕事を手伝うという選択はしませんでした。その後、会社勤めを続ける中でたまに様子を見に行っていたのですが、ローソンで働く両親の楽しそうな姿を見る内に次第に私も興味を持つようになっていきました。ちょうどその頃両親から、今度開店する2店舗目を任せたいという相談があったため、両親の経営するローソンに入社する決意をしました。入社後は一通りの業務を経験。店長職でしっかり実力をつけた後に父親からオーナーを引き継ぎ現在に至ります。

この仕事の醍醐味

私がオーナーになってまだ間もない頃に職業体験で受け入れた小学生がいました。当時は冗談のつもりで「楽しい仕事だから、大きくなったらうちで働いて」と言っていたのですが、その子が成長して働ける年齢になった時に本当に応募してきて、今では大事な戦力になってくれています。その子に楽しそうだと思ってもらえたことが嬉しいですし、このような地域やマチの成長を実感できることがオーナーとしての醍醐味だと思います。

これから

お客様と従業員双方が笑顔になれるお店を作りたいという理念で経営しているため、両方の満足度を向上させる目標を持っています。お客様からは「この店だから行きたい」と思っていただくために、ニーズを正確に知ること・サービスと接客の質を向上させることが必要だと思いますし、従業員からは「ここで働いて良かった」と思ってもらうために、多くの経験と達成感が得られるような仕組み作りが必要だと思っています。

趣味や空いた時間の過ごし方

会社員時代から同じシフト勤務ですが、自分の意思を反映できることはとても大きいと感じています。子供がまだ小さいので、子供の予定に合わせて休みを取ることが出来るのが会社員時代との大きな違いだと思います。

このオーナーは甲信越地域のオーナーです。甲信越地域のページを見る
テーマ別オーナーインタビューに戻る
このページのトップ
お問い合わせ先
0120-01-3963(9:00〜21:00 年中無休)
お問い合わせ