三鷹の森ジブリ美術館

  • スタジオジブリポータルトップ
  • 三鷹の森ジブリ美術館
  • 映画・イベント情報
  • 関連商品

チェブラーシカ

三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品
チェブラーシカ
DVD発売中!

この街には、いったいどれくらいいるんだろう。ひとりぼっちの人が。
大ヒット絶賛公開中!ー 三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品チェブラーシカ
ロシア史上、最も愛される人形童話「チェブラーシカ」
 オレンジの木箱に閉じ込められて、遠い南の国からやってきた、大きな耳の小さないきもの。起こしてもすぐに倒れてしまうので「チェブラーシカ(ばったりたおれ屋さん)」と名づけられたこの正体不明のいきものは、動物園にも受け入れを拒否され、都会の片隅の電話ボックスで暮らしていた。そんな彼が出会ったのは、動物園で働く、一人暮らしの孤独なワニ・ゲーナだった。
 「この街にはいったいどれくらいいるんだろう。ひとりぼっちの人が」
ふたりの優しさが今、この街に、ささやかな幸せを生み出してゆく―。
詩情ゆたかな童話的世界を舞台に、動きの細部にまで人間の心をそそぎ込まれた人形たちが、愉快に働き、歓びをわかち合い、哀しみにふれ、無責任さに怒る。一見無邪気なエピソードに惹き付けられる一方で、描かれるのは現代にも通じる社会のひずみ。公開から約40年たった今もなお、ますます人々を魅了するこの古典的名作には、"かわいい"だけで終わらせることのできない、時代と国境を越えた生命力が満ちている。
 人間が手で描くことにこだわった宮崎駿監督最新作「崖の上のポニョ」と、人間の手作りだけが生み出しえた、ロシア史上、最も愛される人形童話「チェブラーシカ」、2008年夏、スタジオジブリとジブリ美術館は、人の手による2本の映画を日本に贈る。
人形アニメーションの巨匠ロマン・カチャーノフの元に、ロシアの天才・鬼才が集結した。
「ミトン」(67)、「レター」(70)、「ママ」(72)など、人形アニメーションの世界的名作を生み出した巨匠ロマン・カチャーノフを中心に、ロシアの天才・鬼才が結集して制作された「チェブラーシカ」は、1969年から83年にかけて全四話が公開されて以降、ロシアでは知らぬ者がいないほどの絶大な人気を誇る国民的映画となった。その人気は世界中に飛び火し、日本においても2001年に渋谷のミニシアターで公開され、子どもから大人まで数多くのファンを生んだ。また、チェブラーシカは、2008年の北京オリンピックにおいて、ロシアチームの公式マスコットにもなっている。
photho
「小さなルーヴル美術館」展
「ルーヴル美術館」は、フランスはパリのセーヌ川のほとりに建てられた、800年の歴史と広大な敷地を持つ世界最古の美術館のひとつです。年間800万人以上もの人が訪れる、名実ともに世界最大級の美術館です。