【宮城県】「気仙沼西高発!Come Come弁当」発売|ローソン

ニュースリリース

気仙沼西高等学校の生徒さんたちが考案
2月16日(火)宮城県のローソンで
【宮城県】「気仙沼西高発!Come Come弁当」発売

2016年2月12日

 株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一)は、宮城県内のローソン店舗(203店:2016年1月末現在)で、宮城県主催の「高校生地産地消お弁当コンテスト」で優秀賞を受賞した気仙沼西高等学校の生徒さんたちが考案した「気仙沼西高発!Come Come弁当」(税込498円)を2月16日(火)から2週間限定で発売します。


「気仙沼西高発!Come Come弁当」
(税込498円)

生徒さんたち考案のパッケージ



今回の商品は、気仙沼西高等学校の生徒さん3名が「地元の食材を使用し地域の活性化を応援したい。」という気持ちをこめて考案したお弁当のレシピを、ローソンが商品化したものです。
気仙沼産かつおのなまり節と生姜などを混ぜ込んだ酢飯、ごぼう入り肉団子、三陸産わかめとクルミのマヨネーズ和え、宮城県産小松菜の煮びたし、れんこんきんぴら、めかぶとカニ風味かまぼこ入りのオムレツ、沢庵入り大根とにんじんの酢和えを盛り付けました。

商品名の「Come Come」には、海藻類やごぼうなどの歯ごたえを楽しむ(噛む)と、気仙沼に来てほしい(Come)という生徒さんたちの想いが込められています。

※商品の売上の一部をローソンが創設した「夢を応援基金」(東日本大震災奨学金制度)に寄付します。

ローソンは、これからも地元の食材を使用した商品を販売し、地域の活性化に貢献してまいります。