<参考資料>「支付宝(Alipay)」の取り扱いを開始|ローソン

ニュースリリース

モバイル端末を使った電子決済サービス
訪日外国人観光客のローソンでのお買い物が益々便利に
<参考資料>「支付宝(Alipay)」の取り扱いを開始

2016年1月21日

 株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚 元一)は、増加する訪日外国人観光客にとっての利便性向上のため、2016年1月25日(月)より、螞蟻金融服務集団(Ant Financial)傘下の中国最大級のモバイル決済サービス「支付宝(Alipay)」の取り扱いを順次開始いたします。


まずは多くの中国人観光客の訪日が見込まれる中国の大型連休「春節」(旧正月、今年は2月7日~13日)に合わせ、空港やホテル立地などのインバウンド需要が高い9店舗にAlipay決済を導入します。その後、利用状況を確認したうえで、夏以降に全店舗へ導入を拡大する予定です。

訪日外国人観光客のローソンへの来店目的はお土産用の菓子や日用品、国内消費用のおにぎりや飲料の購入など広範囲で、買い物金額も様々です。海外でよく利用されている電子決済サービスを導入することで、より便利にローソンをご利用いただけるようになります。

今後も、ローソンは全国1万2千店以上の店舗網を生かし、訪日観光客がどこへ行っても近くのローソンで便利に買い物していただける環境整備に取り組んでまいります。



支付宝(Alipay)とは
世界有数な決済プラットフォームとして、実名認証のユーザー数を4億人以上抱えています。圧倒的な強さを持つネット上のオンライン決済の他に、資産運用商品やリアル店舗向けの対面決済サービスも大きく展開し、中国国内の55万加盟店及び海外の5万加盟店で利用できます。



お客様がお持ちのスマートフォンなどのモバイル端末に支付宝(Alipay)決済用のバーコードを表示させることで、簡単に商品代金を支払うことが出来ます。




その他インバウンド需要への対応
ローソンは高まるインバウンド需要に対応して、訪日外国人観光客の役にサービスの整備と拡充に取り組んでいます。
◆買い物の決済に海外で発行された主要なクレジットカードが利用可能。
◆おにぎり商品パッケージへの英語表記。今後は他の商品にも拡大する予定。
◆5店舗で免税サービスを実施。2016年度中に100店舗以上へ拡大予定。
◆一部店舗における訪日外国人向け人気商品の品揃え強化やSIMカードの販売など


<ご参考:Alipay決済導入店舗>
1月25日(月)開始

店舗名

店舗住所

ローソン成田国際空港第3旅客ターミナルビル店

千葉県成田市取香字上人塚148-1


2月1日(月)開始

店舗名

店舗住所

ローソン羽田空港国際線ターミナル店

東京都大田区羽田空港2‐6‐5国際線ターミナル1F

ローソンオリエンタルホテル東京ベイ店

千葉県浦安市美浜1‐8‐2

ローソン広芝店

大阪府吹田市広芝町9‐1

ローソンザ パーク フロント ホテル店

大阪府大阪市此花区島屋6‐2‐52‐306

ローソン関西国際空港店

大阪府泉佐野市泉州空港北1

ローソン新千歳空港到着口店

北海道千歳市美々新千歳空港旅客ターミナルビル1F

ローソン新千歳空港出発口店

北海道千歳市美々987‐22

ローソンS新千歳空港国際ターミナル店

北海道千歳市美々1292‐33