家庭向け電力小売事業への参入について|ローソン

ニュースリリース

家庭向け電力小売事業への参入について

2015年12月25日

 三菱商事株式会社(以下、三菱商事)と株式会社ローソン(以下、ローソン)は、2016年4月からの電力小売の全面自由化に向け、共同で家庭向け電力小売事業に参入することを決定し、今般、共同事業会社「MCリテールエナジー株式会社(仮)」(以下、新会社)が、経済産業省資源エネルギー庁へ小売電気事業者の登録申請を実施いたしました。新会社を通じて、一般家庭及び小規模事業所等を対象として、首都圏を中心に2016年2月から予約受付開始、同年4月から電力供給開始を予定しています。コンビニが事業者として家庭向け電力小売事業に参入するのは業界初となります。


新会社は、関東圏で、地域に密着した、“あんしん”“うれしい”“わかりやすい”電力サービス「まちエネ」(商標出願中)を提供してまいります。また、関東圏に約4,000店舗を有するローソンの店頭やネットワーク等を通じて、サービスの告知を行ってまいります。お得で選びやすい独自の料金プランや電気使用料に応じてPontaポイントが貯まる特典などを検討しておりますので、詳細については、決定次第ご案内致します。

三菱商事は、国内外に於いて発電から小売までを含めた電力事業の豊富な実績を備えており、今後も基盤拡大を目指していきます。
ローソンは、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」という企業理念のもと、地域のインフラとしてお客様の便利な生活のサポートの1つとして電力事業に参入いたします。


1.三菱商事の概要:

(1)

本社所在地


東京都千代田区丸の内2-3-1

(2)

事業内容


地球環境・インフラ事業、新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の7グループに、ビジネスサービス部門を加えた体制にて、幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開

(3)

代表者


代表取締役社長 小林 健

(4)

創立


1954年

(5)

従業員数


71,994名(連結ベース、2015年3月31日時点)



2.ローソンの概要:

(1)

本社所在地


東京都品川区大崎1-11-2

(2)

事業内容


コンビニエンスストア「ローソン」のフランチャイズチェーン展開を中心に、グループとして生活をサポートする様々なサービスを展開

(3)

代表者


代表取締役社長 玉塚  元一

(4)

創立


1975年

(5)

従業員数


7,606名(連結ベース、2015年2月末現在)



3.新会社の概要:

(1)

本社所在地


東京都港区芝大門一丁目1-32(予定)

(2)

事業内容


電力小売事業

(3)

代表者


代表取締役社長  松永  典生

(4)

創立


2015年11月20日

(5)

資本金


2.5億円

(6)

出資比率


三菱商事84%、ローソン16%



【まちエネHP】
http://www.machi-ene.jp

 



以上