東日本高速道路内に初出店|ローソン

ニュースリリース

3月19日(水)、常磐自動車道守谷サービスエリア(上り線)
ローソンPasar守谷店 オープン
東日本高速道路内に初出店

2014年3月14日

 株式会社ローソン(代表取締役CEO:新浪剛史/以下、ローソン)は、東日本高速道路株式会社(代表取締役社長:廣瀨博/以下、NEXCO東日本)の常磐自動車道守谷サービスエリア(上り線)内に、2014年3月19日(水)にローソンPasar守谷店をオープンいたします。ローソン初のNEXCO東日本管轄高速道路内への出店となります。

ローソンPasar守谷店はNEXCO東日本が同サービスエリアで同日に開業する商業施設「Pasar(パサール)守谷(上り線)」(茨城県守谷市)にオープンするもので、施設のコンセプト“恵みの森”に合わせ、木々の中をイメージした内装設計になっています。また、高速道路を利用されるドライバーや同乗者の「賑わいの場」の創出と共に利便性を考慮した商品を品揃えしています。

 

<ローソンPasar守谷店の概要>

pasar300
イメージ図

住所 茨城県守谷市大柏166
常磐自動車道
守谷サービスエリア(上り線)
営業時間 年中無休・24時間営業
オープン 2014年3月19日(水)10時
店舗面積 47.76坪
売場面積 34.90坪
取扱商品数 約2,800品目
     
     

 

<品揃えの特徴>

人気商品「からあげクン」を始めとするファストフードや「プレミアムロールケーキ」などのスイーツのほか、手作りの「厚切りかつサンド」などを提供する店内調理「まちかど厨房」、ホットコーヒー・カフェラテに加えてシーズンフレーバーや紅茶など豊富なメニューを提供する店内淹れたてコーヒー「MACHI café (マチカフェ)」も展開し、ドライブのひと休みにご利用いただけます。

 

また、目覚ましグッズやガラスクリーナーなどドライバー向けのグッズを充実させ、有名菓子や惣菜、漬物など茨城県の人気のお土産品も約30種類揃えています。

 

ローソンは今後も高速道路内を含め、様々な立地へ積極的に出店し、立地の特性や利用者層にマッチした店舗作りと品揃えを行ってまいります。