「ゲンコツコロッケ」発売|ローソン

ニュースリリース

北海道産のじゃがいも“キタアカリ”を使用
ローソン史上最高品質のコロッケ
「ゲンコツコロッケ」発売

2014年5月29日

 株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚 元一、以下「ローソン」)は、2014年6月3日(火)より、北海道産のじゃがいも“キタアカリ”を使用し、製法にもこだわったローソン史上最高品質のコロッケ「ゲンコツコロッケ」(本体価格125円/税込価格135円)を発売いたします。ローソンが全国で通年販売するコロッケとしては、過去最高価格です。

 

genkotsu croquette

「ゲンコツコロッケ」(本体価格125円/税込価格135円)

 

 ローソンは、1979年3月にコンビニエンスストア業界で初めてフライヤーを導入して以来、35年間フライドフーズを販売してまいりました。昨年発売した揚げ物惣菜「ゲンコツメンチ」は1年間で3,000万個販売するヒット商品になりました。

 今回、最も手ごろでポピュラーな惣菜であるコロッケの進化型商品として、初めて原材料に北海道産のじゃがいも“キタアカリ”を100%使用した「ゲンコツコロッケ」を発売いたします。

 “キタアカリ”は作付面積が全てのじゃがいもの約2%しかない希少なじゃがいもで、濃い 黄色の果肉、栗のような甘みと風味の良さ、なめらかな舌触りが特徴です。低温でしっかり 熟成させることで甘みと香りをより引き出し、食感をお楽しみいただけるように大きなかたまりを中具に入れました。原材料、製法ともにこだわった最高品質のコロッケです。

 ローソンは35年間のフライドフーズの商品開発・販売のノウハウを活かし、今後も製造  小売業として、原材料調達、生産技術・製法にこだわり、お客さまに最も美味しくお召し上がりいただける最適な方法でフライドフーズ商品の提供に努めてまいります。

 

 ローソンのフライドフーズには、「からあげクン」「Lチキ」「黄金チキン」などその場で食べるスナック系の揚げ物と、「鶏から」「ゲンコツメンチ」などおかずに最適な揚げ物惣菜があります。働く女性や少人数世帯の増加により、主婦・シニア層のお客さまが増え、本格的に揚げ物 惣菜に取り組み始めた2010年と比較して、2013年度の売上高は5倍に伸長しています。

 店舗で揚げた後にそのまま常温で販売できる技術・製法を取り入れたことで、ご自宅や職場でもレンジで温め直すことで、できたての美味しさをお楽しみいただけるようになりました。

 

 

【ローソンのこれまでのフライドフーズの取り組み】
■ フライヤー導入、フライドフーズ販売開始(1979年)
■ 「からあげクン」発売(1986年)
■ 使用済み食用油のリサイクルを全店で開始(2006年)
■ フライドチキン「Lチキ」発売(2009年)
■ 揚げ物惣菜の本格展開開始(2010年)
■ 「鶏から」発売(2012年)
■ フライオイルをヘルシーオイルに切り替え(2013年)
■ ローソン史上最高品質のフライドチキン「黄金チキン」発売(2013年)

【さらにヘルシーなオイルで調理】
ローソンは2013年に店内調理に使用しているフライオイルをコレステロール0(ゼロ)、ビタミンE配合のヘルシーオイルに切り替えました。
更に、2014年6月24日より、オレイン酸を現行品比で30%以上増やしたヘルシーオイルに変更いたします。オレイン酸は植物油の主成分である脂肪酸の中の「不飽和脂肪酸」の一つで、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすと言われています。

<販促物イメージ>

oil

 

【サーマルプリンタの導入を拡大】

ローソンは、揚げ物惣菜をまとめ買いしやすいよう、パック販売を行っています。消費期限などの情報をシールに印字できる「サーマルプリンタ」を、2014年4月末現在で約9,000店舗に導入しています。

<サーマルプリンタ> <パック販売イメージ>
sa-maru souzai