【宮城】「仙台マーボー焼そば」発売|ローソン

ニュースリリース

宮城県中華飲食生活衛生同業組合監修メニュー
40年前に誕生した「伝説のメニュー」を商品化
【宮城】「仙台マーボー焼そば」発売

2014年5月29日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、2014年6月3日(火)より宮城県内のローソン店舗189店(2014年4月末、ローソンストア100を除く)で、宮城県中華飲食生活衛生同業組合に監修いただいた「仙台マーボー焼そば」(本体価格461円/税込価格498円)を3週間限定で発売します。

senndai ma-bou 300
仙台マーボー焼そば(本体価格461円/税込価格498円)

 

「仙台マーボー焼そば」は、1970年代に仙台市内の中華料理店の「まかない」として誕生したご当地メニューで、2013年より数多くのメディアで取り上げられたことで、若い世代を中心に人気が高まっています。

今回発売する「仙台マーボー焼そば」には、歯ごたえのある蒸し麺を使用し、醤油・ごま味で下味を付けています。マーボーあんは、豚挽肉をにんにく・生姜で炒め、トウチ・豆板醤・マーラ醤をベースにしたソースに、丸大豆醤油・丸鶏ガラスープをあわせて仕上げました。辛味とまろやかで旨みのある味わいをお楽しみいただけます。
「宮城県中華飲食生活衛生同業組合」は宮城県内の中華料理店などが運営する組合で、中華料理や地域のメニューを通じ、地域活性化を推進する取組みを行っています。