【関東甲信越】「カット野菜 玉ねぎレタスサラダ」発売|ローソン

ニュースリリース

中嶋農法で栽培した玉ねぎを使用
6月17日(火)より関東・甲信越地区のローソン店舗にて
【関東甲信越】「カット野菜 玉ねぎレタスサラダ」発売

2014年6月16日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚 元一、以下「ローソン」)は、6月17日(火)より、関東・甲信越地区のローソン店舗(3,359店/2014年5月末現在)で、ミネラルバランスのよい土で野菜を栽培する「中嶋農法」の認証を受けた玉ねぎを使用した「カット野菜 玉ねぎレタスサラダ」(本体価格:150円/税込:162円)を発売いたします。

yasai 270

 

このたび発売する「カット野菜 玉ねぎレタスサラダ」には中嶋農法認証の契約農家で栽培された茨城県産玉ねぎと群馬県産レタスを使用しました(※)。ミネラルバランスの取れた土壌で栽培された中嶋農法の野菜は、栄養成分を豊富に含み、野菜本来の甘みをしっかりと味わうことができます。(※販売時期により産地が異なる場合がございます)

ローソンでは、中嶋農法の野菜(関東・甲信越地区のみ)を使用した「キャベツ千切り」や「カットレタス」など、便利なカット野菜8種類を販売しています。洗わずにそのまま召し上がっていただける手軽さから、主に30~40代の女性やシニア層のお客さまから高い支持をいただいております。

ローソンは、今後も中嶋農法の取り組みを進め、お客さまに安全で安心な商品をお届けしてまいります。
 

■中嶋農法とは
中嶋農法は人や作物の生命に不可欠な土壌のミネラルバランスに着目して開発された、株式会社生科研独自の農法です。土壌診断に基づく健全な土づくりの技術と、作物の健全な生育を維持するコントロール技術により、土壌の栄養(ミネラル)バランスや作物の生育状態に対して適切な栄養を供給する栽培方法です。ミネラルバランスの取れた健康な土壌で野菜が健康に育つので、農薬を減らすことができます。