温めて美味しい「おこわ」と「赤飯」のおにぎり発売|ローソン

ニュースリリース

余分な水分を排出するパッケージを新たに開発
10月14日(火)より、ローソンで
温めて美味しい「おこわ」と「赤飯」のおにぎり発売

2014年10月10日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一、以下「ローソン」)は、2014年10月14日(火)より、沖縄を除く全国のローソン店舗(10,640店:2014年8月末現在、「ローソンストア100」、「ローソンマート」を除く)で、温めて美味しい「おこわ」と「赤飯」のおにぎり3品を発売いたします。

 

chimakiokowa180 kinokookowa180 sekihanokowa180
 「中華ちまき風おこわ」   「鶏ときのこのおこわ」  「十勝小豆たっぷり赤飯」
(税込価格139円) (税込価格139円)  (税込価格129円)
※「十勝小豆たっぷり赤飯」は、旭川・函館地区での販売はありません

 

今回発売する商品には、粒立ちが良く時間が経っても硬くなりにくいもち米「北海道産風の子もち」に厳選して使用しています。また、レンジで温めた際に発生する水分がもち米につかないようにするため、余分な水分を排出するパッケージを新たに開発しました。

<新パッケージについて>
1.    電子レンジで加熱すると商品から蒸気が発生
2.    包装内の圧力が高まり、ミシン目から蒸気が外に排出される
3.    水滴となった水分はフィルムとフィルムの間に留まり、直接おにぎりには触れない

 

package250

 

・「中華ちまき風おこわ」
(本体価格129円/税込価格139円)
専門店で人気の中華おこわをおにぎりにしました。手間ひまをかけて2回にわけて蒸すことで、「味」と「香り」の両方をお楽しみいただけます。人参・椎茸・干し海老・筍・豚タン下ともち米を帆立やアサリの海鮮エキスを配合したタレで蒸しあげて味付けしたあと、さらにXO醤のたれや海老の風味を引き立てたタレで香りを付けました。

・「鶏ときのこのおこわ」 <11月17日までの期間限定>
(本体価格129円/税込価格139円)

最初に、大きめにカットした舞茸・椎茸・鶏肉をもち米と一緒に蒸して米に旨みを凝縮させ、2度目に蒸す際にきのこの風味を引き立たせるタレを使って、風味を豊かに仕上げました。鶏肉ときのこの旨みと、しっかりとした食感もお楽しみいただけます。

・「十勝小豆たっぷり赤飯」 ※青森地区のみ、商品仕様・売価が異なります。
(本体価格119円/税込価格129円)

十勝産の小豆を100%使用した赤飯おにぎりです。小豆の煮汁を使ってもち米を蒸しあげ、表面に粒の大きい塩を使ったごま塩をふりかけています。

ローソンは今後も、気温が下がる秋・冬シーズンに温めて美味しく召しあがれる商品に、目印として「温マーク」を入れて販売してまいります。

 

onmark200