中部地区初のローソンファーム「ローソンファーム愛知」設立|ローソン

ニュースリリース

12月19日より中部地区のローソンに出荷開始、順次拡大中部地区初のローソンファーム「ローソンファーム愛知」設立

2014年12月12日

 株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一)は、2014年9月に、中部地区では初めてで、全国では20箇所目となる農業生産法人「株式会社ローソンファーム愛知」(愛知県豊川市、代表取締役社長:藤田真海)を設立しました。この度、12月19日(金)より順次、「ローソンファーム愛知」で生産されたキャベツと、キャベツを使用した「ローソンファームキャベツ包み焼」を、中部地区のローソン・ローソンストア100・ローソンマートで販売いたします。

販売開始日 販売品目 販売店舗
12/19(金) キャベツ1/2玉 中部地区の
・ローソン(1,266店)
・ローソンストア100(137店)
・ローソンマート(7店)
ローソンファームキャベツ包み焼 中部地区のローソン(1,266店)

※店舗数は2014年11月末現在、ローソン店舗数は三重県の伊賀・上野・名張地区の14店舗を除く

 

愛知県豊川市は温暖な気候で水資源に恵まれた全国屈指の畑作農業地帯です。「ローソンファーム愛知」では、秋冬期にはキャベツ・白菜を、夏期にはナス・とうもろこし・オクラを生産いたします。生産された農産物は、そのまま店舗で販売されるほか、調理麺などの中食商品の原材料にも使われる予定です。

 

ローソンファームは、野菜や果物のローソングループ店舗への安定供給や、オリジナル 商品の原材料としての使用を目的とした農業生産法人です。ローソンは、ローソンファームを2015年度末までに40箇所に増やし、その後も順次拡大していく予定です。

kyabetu

 

■「ローソンファーム愛知」設立記念商品発売

kyabetuyaki 2

ローソンファームキャベツ包み焼(税込420円)

12月19日(金)から2015年1月5日(月)までの期間限定販売の予定

 

「ローソンファーム愛知」で生産されたキャベツを使用した包み焼です。薄く広げた生地の上に、ソースそば、もやしなどをキャベツと一緒に乗せ、蒸し焼きにしました。

 

■「ローソンファーム愛知」概要

1) 会社名 株式会社ローソンファーム愛知
2) 住所 愛知県豊川市当古町西新井55番地
3) 面積 1.5ha
4) 出資者 藤田 真海 73%%、藤田 明布1%、宮川 明1%、
(株)ローソン15%、(株)芋銀10%
5) 代表者 代表取締役社長 藤田真海
6) 資本金 5,000,000円
7) 栽培品目 キャベツ、白菜、ナス、とうもろこし、オクラ
8) 収穫量 約177トン(キャベツ90トン、白菜35トン、ナス28トン、
とうもろこし15トン、オクラ9トン/年間計画)
9) 販売額 約22百万円(2015年度計画)

 

lfaichi

代表取締役社長 藤田真海