「京都府民の健康づくりの推進に向けた連携及び協力に関する協定」締結|ローソン

ニュースリリース

京都府、京都府市長会、京都府町村会とローソンの四者で「京都府民の健康づくりの推進に向けた連携及び協力に関する協定」締結

2016年1月19日

 株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚 元一、以下「ローソン」)は、本日1月19日(火)に京都府(知事:山田 啓二)、京都府市長会(会長:中山 泰)、京都府町村会(会長:汐見 明男)と、「京都府民の健康づくりの推進に向けた連携及び協力に関する協定」(以下「本協定」)を締結いたしました。今後、四者は本協定に基づき連携を強化し、京都府民の健康づくりを推進してまいります。


【協定内容の概要】


1.

府民に対する健康づくりに関する情報提供


2.

府、市町村(市長会、町村会)、府内の医療保険者等が実施する健康づくり事業への協力


3.

府民の特定健診、がん検診等の受診促進に関する事業


4.

その他府民の健康寿命の延伸に寄与すると考えられる事業



今後、京都府が市町村に対し、健診申込み、健康ポイント等連携希望事業の提案募集を行い、取りまとめの上、ローソンに協力依頼し、各者は市町村事業連携に関する調整を行います。

京都府とローソンは府の健康イベントや健康づくり事業で連携してまいります。



【“マチの健康ステーション”の推進】
ローソンは、日々の食を通して健康的な身体を作る“ミールソリューション”と、お客様からの健康に関する相談を受ける等、健康維持をサポートする“セルフメディケーション”を通して、地域社会の便利で健康的な暮らしの一助となることを目指しております。

この度の健康づくりの推進に関する協定は都道府県とは初の締結で、全国では5例目となります。ローソンは2013年10月に兵庫県尼崎市と、2013年11月に長野県松本市と、2014年7月に佐賀県佐賀市と、2015年3月には福岡県久留米市と協定を締結しています。