ローソンの人

最後まで諦めない 日本で学んだ大事なこと

イスラム シャヘドル
イスラム シャヘドル
ローソンを選んだ理由

バングラデシュと同じアジア
日本の優れた箇所を学びたかった

私の出身国バングラデシュからは、欧米へ留学する友人が多かったのですが、私は同じアジアの国なのに日本がなぜ世界と肩を並べ、優れたところを多く持っているのかということに興味があり、日本への留学を決めました。学生時代、学校、友人、先生などから日本についていろいろなことを学びましたが、実際に自分の目で日本企業を見たいと思い、日本での就職を希望しました。

学んでいた大学で、学業とともに就職活動支援に力を入れており、留学生専用の就職ガイダンスがありました。当時まだ留学生を採用する企業が少ない頃に、ローソンが留学生を採用していると聞いて興味を持ちました。海外展開も考えて、「世界で活躍できる人材が欲しい」という思いに惹かれ、ここだ!と就職を決めました。

イスラム シャヘドル イスラム シャヘドル
私の仕事

外国人クルーさんが多いローソン
自らの経験を糧により
働きやすい会社へ

店舗、スーパーバイザーを経て、現在は「次世代CVS統括部」で仕事をしています。新しいコンビニのあり方を考え、さまざまなプロジェクト推進を行なっている部署です。私は「人手不足対策プロジェクト」を担当。セルフレジの導入などのハード面、ご購入いただける店舗を目指したレイアウトの探求、クルーさんの働きがいを高めるなど、いかに働きやすい職場環境をつくることができるかということに力を入れています。

スーパーバイザーのときもクルーさんが働きやすい店舗をつくることが日々の目標でした。現在、ローソンでは多くの外国人クルーさんが働いています。日本人スタッフがフォローできないことも、国際社員の自分ならできる場合もあります。自らの経験を活かして国際社員も日本人社員も分け隔てなく、すべての人が働きやすいローソンをつくっていきたいと思っています。

仕事のやりがい、ローソンの魅力

イスラム教徒にとって大切な礼拝
各々の宗教への理解も
ローソンらしさ

私はイスラム教徒なので1日5回の礼拝が欠かせません。勤務時間中に3回の礼拝があります。上司やチームリーダーに話し了承を得ているので、入社当初から問題なく礼拝ができています。年に一度のラマダン(断食)の時期にも体調を気遣ってもらったりしてありがたいです。

また、ローソンでは、国際社員対象の研修が設けられています。言葉や働き方など、出身国との違いで悩んだ時も国際社員の先輩たちの話を聞くことができますし、フォローがしっかりしていて働きやすい会社です。

そもそも、ローソンはとても自由な風土があります。それぞれの意見を尊重し、耳を傾けて聞いてくれる職場です。提案したことが理にかなっていれば、後押ししてくれます。また、国際社員だからという扱いを感じたことがほとんどありません。平等に仕事を評価してくれるので、やりがいがあります。宗教への理解もこの各々を尊重していくローソンらしさのひとつなのだと思います。

イスラム シャヘドル
私の目標

リーダーとして力をつけ
ローソンのあらゆる課題を
解決したい

私が在籍する次世代CVS統括部は、全てのクルーさんが働きやすいように、さまざまな店舗の課題を解決していくことを目的に日々業務に励んでいます。そのためには店舗や同じ部署の人と課題について話すことが必要であり、コミュニケーションスキルの向上を心がけています。またこの部署では、新たなシステムを店舗などに伝えることも仕事です。そのため、今はトレーニングスキルも勉強しています。

また、国際社員、日本人社員双方の魅力を引き出し、相互理解を深め、より仕事がしやすいように自分がリーダーとなって活躍したいと思っています。そして、ローソンのあらゆる課題を解決していくことが目標です。

そして、最終的にはバングラデシュにローソン、日本の素晴らしいコンビニシステムを展開したいと思っています。その時はもちろん自分がリーダーとして関わりたいと考えています。目の前の仕事にしっかりと取り組みながら職位をあげてその夢を実現したいと思います。

私は、ローソンで仕事をして、アジアの国、日本が世界で成功してきたのは、その勤勉さと簡単には諦めない姿勢だと思うようになりました。その日本の良さも自国に伝えたいと思っています。

イスラム シャヘドル
私のこれからと学生へのメッセージ

就職活動とともに学業を大切に
充実した学生生活が
のちの自信になります

就職活動において、自分の強みをアピールすることが大切です。私は、一緒にいる人たちと協力していろいろなことができるという自信があり、そこをアピールしてきました。今後も大事にしたいと思っているところです。自己分析をしっかりして自分の強みや弱みを把握し、就職活動に活かしてください。

また、国際社員を目指す方は、学校の就職支援などを活用し、日本の就職活動での履歴書の書き方、面接について学ぶことをお勧めします。

就職活動は大変だと思いますが、学業もぜひ頑張ってほしいと思います。良い成績で卒業することは自信になり、社会人になったときの支えになります。みなさんの活躍を期待しています。