02 ちゃんとつくった レインフォレスト・アライアンス認証農園産のコーヒー豆のみを使用

一杯が世界を素敵にしていく。社会・環境・経済をもっともっとみんなにとって幸せに

MACHI caféのコーヒー豆は、環境に配慮してレインフォレスト・アライアンス認証を取得している農園のコーヒー豆のみを使用しています。

レインフォレスト・アライアンス認証とは?

レインフォレスト・アライアンスは、1987年に設立された国際的な非営利環境保護団体です。環境保全や農園労働者の生活向上など厳しい基準を満たした農園に、レインフォレスト・アライアンス認証が与えられます。つまりレインフォレスト・アライアンス認証を取得している農園のコーヒー豆を使用すればするほど、環境と社会へやさしいコーヒーと言えるのです。

レインフォレスト・コンソーシアム

レインフォレスト・アライアンス認証と認証マークのついた商品の価値を多くの方に知って選んでもらうため、ローソンは認証マークを取り扱う企業が2015年9月に6つの企業で立ち上げた「レインフォレスト・アライアンス コンソーシアム」に参加しています。(2017年6月現在のメンバー企業は5社)

コンソーシアム参画企業(企業名五十音順)

レインフォレスト・アライアンス認証についてはこちら

ところで…なぜカエルのマークなのでしょうか?

カエルがシンボルになっているのは、環境のバランスが崩れた時、真っ先にカエルが絶滅すると言われているから。中でもマークのモデルになっている『赤目アマガエル』は近年、生態系が脅かされる熱帯雨林の湿地帯を主な生息地とし、環境バランスを測る指標生物と考えられています。

※シングルオリジンシリーズ・カフェインレスシリーズは対象外です。

ちゃんとつくったコーヒーはおいしい。