LAWSON x CEATEC アプリ

未来のコンビニを見て、触れて、体験できる4日間CEATEC JAPAN 2018

開催期間
2018.10.16(火) 2018.10.19(金)
会場
幕張メッセ (千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)

最先端の技術・製品・サービスが一堂に会する展示会「CEATEC JAPAN」
今回、小売業として初めてローソンが出展します。

公式サイトはこちら ※ ご来場には、事前に公式サイトからの入場登録が必要です

LAWSON'S DESIRE
FOR CEATEC JAPAN EXHIBITION
ローソンの
CEATEC JAPAN出展への想い

コンビニエンスストアに求められる役割は広がっています。
お子さんからシニアの方まで気軽にお買いものをしていただける場所、また緊急時や災害時には頼れるマチのインフラとして日本の暮らしを背負う存在になりつつあります。一方で少子高齢化による労働人口減少の中、店舗の生産性向上は急務の課題です。ただし、ローソンが目指す未来のコンビニは無人店舗ではなく、「ヒューマン・ファースト」で人の温かさを大切にした店舗。
デジタル技術の革新によって実現する「美味しさ・健康・おもてなし」を大切にした未来のコンビニの姿を提案。リアル店舗の強みを活かし、あらゆる世代のお客様の生活をサポートする将来像を紹介します。

プレスリリース

FUTURE CONVENIENCE STORE PRESENTED
BY LAWSON
ローソンの提案する
未来型コンビニとは?

LAWSON’S COMMITMENT AT CEATEC JAPAN
ローソンの
CEATEC JAPANでの取り組み

多様化する決済手段の一つとして、電子タグ(RFID)を活用したウォークスルー決済で買い物ができる「購買エリア」と、
ローソンが目指す"おいしさ" "健康" "おもてなしと楽しさ" を体感できる「未来のローソン体験エリア」をご覧いただけます。

ローソンブースイメージ

1ローソン展示ブースの6つのコンセプト

CONCEPT 1. FUTURE × LAWSON社会のいろいろな課題に向きあい、
明るい未来を創る。

少子化による人手不足、核家族の増加によるコミュニケーションの希薄化、地球環境問題など、様々な課題に向きあい、マチの暮らしにとってなくてはならない存在へ。
ローソンは、先進のIoTやAI技術を活用し、実店舗だからこそできる「健康的でおいしい作りたての商品」「心のこもったおもてなし」「地域のコミュニケーション」の実現を目指します。

CONCEPT 2. EARTH × LAWSONマチとともに、暮らしとともに、
地球にやさしく。

IoTを活用した在庫管理、冷凍食品の活用、店内厨房での調理などを通して、食品ロスのさらなる低減を推進。原材料の調達から店舗販売まで、様々な場所で環境問題に取り組み、新しい包装や量り売りの導入など、お客さまとともにプラスチック包材の廃棄削減を考えていきます。また、省エネ・創エネ設備を活用したスマートエネルギーストアづくりも積極的に展開し、もっと地球にやさしいコンビニを目指します。

CONCEPT 3. COMMUNITY × LAWSONひとりで、みんなでローソンへ。
相談もできる、未来型コミュニティ。

今はまだ、利用できる時間や場所が限られている医療・金融・法律などの専門的なカウンセリングや手続きも、規制の緩和とIoTを活用した遠隔相談サービスを実現することで、もっと気軽に利用できると考えています。「ケアローソン」や「ローソン銀行」などのパーソナルサービスに新しいデジタル技術を活用し、全国の店舗で展開していきたい。さらには、地域の人々が趣味や娯楽を通じて気軽に集まれる、楽しい場所をつくりたい。ローソンは、「便利に買い物ができる場所」だけではない、「身近なコミュニティ」として進化していきます。

CONCEPT 4. DELICIOUS × LAWSONAIやロボットが、
おいしい、楽しい、ヘルシーを応援。

バーチャルクルーがお客さまの体調に合わせて商品をリコメンド。調理ロボットが、味付けをカスタマイズして作りたてのおいしさをご提供。さらに、有名シェフの味を身近なローソンで気軽に楽しめる日も夢ではありません。実店舗だからできる、ヒューマンティックでパーソナルな「おもてなし」を。人とテクノロジーの共創による、未来型コンビニが私たちの願いです。

CONCEPT 5. TECHNOLOGY × LAWSON店舗運営はもちろん、
サプライチェーン全体にメリットが波及。

電子タグ(RFID)を活用することで、きめ細かな情報管理を実現。
店舗運営の効率化、消費期限管理による食品ロス削減など、数多くのメリットが期待できます。また、取得した情報をサプライチェーン全体で共有し、生産量の最適化、配送の効率化など、原材料の調達から店舗販売まであらゆる場面でのムダを削減。トレーサビリティ表示も可能となり、お客さまの安心感向上にも役立ちます。

CONCEPT 6. LIQUIDATION × LAWSONQRコードで認証し、
商品をゲートに通すだけで決済完了。

電子タグ(RFID)を活用したウォークスルー決済。QRコードを読み取った商品を持ってゲートを通るだけで自動的に決済が完了する先進のシステムが体験できます。スマートフォン専用アプリを使ったセルフ決済「ローソンスマホペイ」、自動で決済し商品の袋詰めもできる「レジロボ」、これまでと同様の「有人レジ」とあわせて多様な決済手段をご提供。店舗の場所、お客さまのライフスタイルなど考慮し、誰もがストレスなく利用できる店舗環境づくりを目指します。

2スピーチ & プレゼンテーション

KEYNOTE SPEECH

「おもてなし」を支えるデジタル
ローソンが考える未来型コンビニ

2018年10月16日(火)14:00 〜 14:45
株式会社ローソン 代表取締役社長 竹増 貞信

KEYNOTE SPEECH

未来のローソンに向けた取り組み

2018年10月19日(金)10:15 〜 12:15
株式会社ローソン 理事執行役員
オープン・イノベーションセンター長 牧野 国嗣

公式サイトはこちら ※ ご来場には、事前に公式サイトからの入場登録が必要です

3CEATEC限定
未来型コンビニ体験アプリ

CEATEC限定のアプリをダウンロードして、未来の買い物を体験する

LAWSON’S CHECKOUT FREE SHOPPING EXPERIENCEウォークスルー決済で、
未来型コンビニのお買い物体験を

商品に付いている電子タグ(RFID)を読み取ることで、
レジを通ることなく会計を済ませることができるウォークスルー決済を体験いただけます。

詳細・ダウンロードはこちら
LAWSON x CEATEC アプリ LAWSON x CEATEC アプリ
2018.10.16(火) 2018.10.19(金)