ニュースリリース

~データや金融サービスを絡めた次世代型コンビニサービスを展開~ KDDIとローソン、資本業務提携に関するお知らせ

2019年12月16日

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増 貞信、以下 ローソン)は、2019年12月16日、両社の顧客基盤を生かしたデータマーケティングの推進や先端テクノロジーの活用による新たな消費体験の創出に向け資本業務提携契約を締結しました。
今後、KDDIは、ローソンの発行済株式総数の2.1%に当たる普通株式2,110,000株を市場買付により取得する予定です。


<業務提携の概要>
KDDIとローソンは、KDDIの第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G)をはじめとする先端テクノロジーと、ローソンの約14,600店舗のリアル基盤を組み合わせ、データや金融サービスを絡めた次世代型コンビニサービスを展開し、お客さまへの新しい消費体験を創造していきます。
具体的には、ローソンの約14,600店舗のリアル接点において、1億超の会員基盤や先端テクノロジー(5Gやロボティクス)を活用したOMOによる新しい消費体験を提供していきます。