ニュースリリース

「悪魔のおにぎり」発売1周年
10月15日(火)より、“悪魔の恩返し”の寄付も同時に実施
シリーズ初の“甘い”おにぎり「悪魔のおはぎり」などを発売

2019年10月11日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、10月15日(火)より全国のローソン店舗(13,899店:2019年9月末現在、「ローソンストア100」を除く)で、ご飯の量を約1.5倍(※1)にし、天つゆに漬けたいか天かすを中具に入れた「大きな悪魔のおにぎり」(税込180円)、「悪魔のおにぎり」シリーズで初めて中具にあんこを入れ、甘い味付けが特長の「悪魔のおはぎり」(税込140円)を発売いたします。

更に、発売1周年を記念し、10月15日(火)から11月11日(月)までの4週間、“悪魔の恩返し”として、商品開発のヒントとなった国立極地研究所南極昭和基地の活動の支援を目的に、「悪魔のおにぎり」3品の販売1個につき0.5円を極域科学振興募金(※2)に寄付いたします。


(※1)「悪魔のおにぎり」(税込110円)対比
(※2)大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所が設立している募金



左:「悪魔のおにぎり」(税込110円)、中:「大きな悪魔のおにぎり」(税込180円)
右:「悪魔のおはぎり」(税込140円)


「悪魔のおにぎり」は、以前南極地域観測隊が夜食として食べていたおにぎりです。テレビで紹介されて以降、SNSなどで話題になり、それをヒントにローソンが独自に開発しました。悪魔的にやみつきになる美味しさが名前の由来です。2018年10月の発売以来のシリーズ累計販売数は、5,600万個を突破し(2019年9月末時点)、ローソンのおにぎりを代表する定番商品となりました。季節に応じて具材の見直しなどを行うとともに、2019年4月からは第2フレーバーの販売を開始し、これまで担々麺味・お好み焼き味などいずれも“病みつきになる”濃い味付けのおにぎりで、延べ7種類の商品を発売してまいりました。


今回、シリーズで初めて“甘い”味付けのおにぎりを発売します。おはぎをイメージし、もち米と黒ごまを加えたご飯で粒あんを包み、表面にきな粉をまぶしました。

これからもローソンは、「“みんなと暮らすマチ”を幸せにする」取り組みを進めてまいります。


********************************************************************

<寄付の概要>
・寄付先:極域科学振興募金
・寄付金:10月15日(火)から11月11日(月)までの4週間、全国のローソン店舗で販売した      「悪魔のおにぎり」「大きな悪魔のおにぎり」「悪魔のおはぎり」1個につき0.5円を寄付。


<商品詳細>

悪魔のおにぎり」(税込110円) 10月15日(火)リニューアル発売


白だしで炊いたご飯に天かす・天つゆ・青のり・あおさなどを混ぜ合わせました。今回の商品は、従来品よりもコクをアップさせるため、いか天入り天かすの量を増やしました。

大きな悪魔のおにぎり」(税込180円) 10月15日(火)発売


「悪魔のおにぎり」発売1周年記念商品です。ご飯の量を「悪魔のおにぎり」の約1.5倍にし、天つゆに漬けたいか天かすを中具に入れました。

悪魔のおはぎり」(税込140円) 10月15日(火)発売


おはぎをイメージし、もち米と黒ごまを加えたご飯で粒あんを包み、表面にきな粉をまぶしました。ほど良い甘さが病みつきになるおにぎりです。