ニュースリリース

フィリピン有力企業グループAyalaグループ傘下 <参考資料>AC Infrastructure Holdings Corporationとローソンが業務提携合意

2019年10月11日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、フィリピンにおける有力企業グループの一つであるAyala(アヤラ)グループ(※)<持ち株会社:Ayala Corporation>傘下で、物流、インフラストラクチャー事業などを展開するAC Infrastructure Holdings Corporation(エーシー インフラストラクチャー ホールディングス コーポレーション)(本社:フィリピンマカティ市、以下「(AC Infra)」)と、業務提携をすることに合意致しました。

ローソンは、2015年3月に、フィリピンのマニラ市内に1号店をオープンし、現在は、55店舗(2019年9月末時点)を展開しています。今回の業務提携合意を機に、ローソンの100%子会社であるLawson Philippines, Inc.(本社:フィリピンマニラ市、以下「LPI」)事業を通じて、ローソンが持つコンビニエンスストアの運営ノウハウとAC Infraのインフラストラクチャー、物流事業などにおける知見を活かし、フィリピン国内における新規出店を一層加速させ、2023年度までに500店舗規模に拡大する予定です。また、Ayalaグループが展開するeコマース事業において、同社の物流機能を活用したローソン店舗での商品受け取りや、店舗を拠点とした商品の発送サービスの展開も検討してまいります。

(※): Ayalaグループは、フィリピンにおいて、大きなマーケットシェアを占める不動産業<Ayala Land, Inc.>を筆頭に、銀行、通信、上下水道、エネルギー事業など、各業界において影響力のあるカンパニーを傘下におく有力企業グループです。AC Infraの親会社であるAyala Corporationの2018年連結売上高は2,749億ペソとなります。


<フィリピンのローソン店舗外観イメージ>


今後、ローソンとAyalaグループは、互いのノウハウを生かし、地域住民の方々の便利な買い物環境を提供してまいります。



■各社の概要


■海外における出店状況 (店舗数は2019年9月末時点)