ニュースリリース

コーヒーマシンの抽出時間を約4割短縮
コーヒーの味がよりクリアに、さらに美味しくなりました
「マチカフェ」コーヒーの新型マシンを導入

2018年2月20日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増貞信、以下「ローソン」)は、店内淹れたてコーヒー「マチカフェ」(導入店舗数12,800店:2018年1月末時点)の新型抽出マシンの導入を進めています。

新型マシン「メリタ カフィーナXT6」は現在のマシンと同様のエスプレッソ方式で、現在約40秒で抽出しているホットコーヒー(S)を約25秒で抽出し、約15秒短縮することが可能です。また、現在約29秒で抽出しているカフェラテ(M)を約20秒で抽出し、約9秒短縮します。これにより、お客様に商品を手渡しする時間を大幅に短縮することが可能になります。また、豆を砕くグラインダーはフラットディスク形式で、コーヒー豆が均一の粉状になることで雑味が減ります。また、より細かいメッシュのマイクロフィルターを使用することで、コーヒー本来の味をよりクリアに感じられるようになりました。

提供可能なメニュー数の拡大や清掃時間の短縮も可能になります。WiFi 機能も搭載しており、今後は全店のメニュー改定を一斉に行ったり、店舗のメンテナンス実施状態の把握も行っていく予定です。


製品名:メリタ カフィーナ XT6
・本体幅30cm、ミルククーラー幅18cm
・8.4インチTFT大画面タッチパネル
・ホットコーヒー(S)を約25秒で抽出
・カフェラテ(M)を約20秒で抽出
・簡単な自動クリーニングシステム
※現行マシンより清掃時間が1日20分短縮
・WiFi機能によるメニューの全店一斉改定、故障時の状態把握(実施予定)


2017年9月以降の新店、看板替え店舗から新型マシンへの切り替えを開始しており、現在約700店舗に導入しています。既存店の切り替えも2018年9月から順次開始する予定で、2021年度には約14,000店が新型マシンとなる見込みです。
ローソンは、よりスピーディーに、より美味しいコーヒーの提供を目指してまいります。