ニュースリリース

さらに「安心・安全」をめざしてからあげクンは、国産若鶏むね肉100%使用に加え、国産小麦粉100%使用に

2018年2月19日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増貞信、以下「ローソン」)は、2018年2月より、からあげクンに使用している唐揚げ粉に使用している小麦粉を、100%国産小麦粉(※1)に変更いたします。

からあげクンは、1986年発売以来、累計約28億食を販売しているローソンのロングセラー商品です。2014年に、からあげクンに使用する鶏肉を100%国産若鶏むね肉に変更し、2017年より、店内調理に使用するフライオイルを、オメガ3(n-3系脂肪酸)入り、ビタミンE配合、コレステロール0(ゼロ)(※2)のヘルシーオイルに切り替えるなど、食の「安心・安全」に向けた取り組みを強化してまいりました。

からあげクン レギュラー/レッド/北海道チーズ(各・税込216円)


2014年に、国内生産の「からあげクン」の鶏むね原料を、国産若鶏100%使用に変更して以来、30代~40代女性の購入が伸長しており、小さいお子様を持つお母さんから「こどもに安心して食べさせられる」などの声をいただいています。


近年、国内で流通している小麦粉のうち、国産小麦は約14%(※4)と希少となっています。食の安心・安全に対する意識が高まる中、からあげクンの唐揚げ粉に使用する小麦粉を100%国産小麦粉に変更することにより、さらに幅広いお客様の安心・安全ニーズに応えてまいります。


(※1)

小麦粉製造時に同一ラインで外国産小麦を使用しています

(※2)



フライドフーズ自体がオメガ3(n-3系脂肪酸)入り・ビタミンE入り・コレステロール0・
ではありません

調理を行うと商品(鶏肉等)に含まれる脂肪分がフライオイルに溶け出すため、上記は新油時の状態です

(※3)


厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)

補足:

厚生労働省が発表している「平成24年度国民・健康栄養調査」で、1日当たりの脂質摂取量の実態が10.8gというデータを参考に「11g」当たりの含有量

(※4)

農林水産省HPより算出