ニュースリリース

健康寿命延伸を目指す“攻めの健康食”現役で働く人の為のセットメニュー販売の実証実験 丸の内に実験店舗オープン

2018年1月10日

人生100年時代といわれる昨今、健康寿命の延伸は多くの人にとって関心の高いテーマです。株式会社ローソンは糖質をおさえ健康な身体づくりをサポートするシーン別健康セットメニューの提案などの実証実験を行う店舗を1月16日(火)から2月24日(土)までの期間限定で丸の内にオープンいたします。

「1日の仕事を活発に頑張りたい人」、「午後に重要な会議を控えている人」、「仕事帰りに皇居ランを楽しみたい人」向け等、一般社団法人 食・楽・健康協会 代表理事、北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長の山田悟医師監修のローソン商品から選んだセットメニューを提案いたします。約40日間の実証実験中には、セットメニューの改変や割引販売等を実施し、お客様の購買データを蓄積し、これを基に全国店舗への展開を検討してまいります。また、実験店舗では管理栄養士の資格を持った店長が駐在し、お客様へ食事のアドバイスも行います。さらに、店内に糖質からできる体内老化物質AGEs(エージーイー)を測定できる機器を設置し、簡単にご自身の生活習慣や健康管理の目安にすることができます。また、毎日の食事を入力し健康管理する「カラダかわるNavi」をローソン限定仕様(糖質量のアドバイス)にカスタマイズし先着100名様に配布し、食生活のサポートをいたします。

ローソンは、2001年から「美と健康」をコンセプトにナチュラルローソンを展開、2012年発売のブランパンや2015年発売のグリーンスムージー等のヒット商品の開発を行ってまいりました。健康関連商品の売上は年々拡大しており、2016年度には2,500億円を売り上げ、食品の売上全体の約2割強となります。2017年度には約3,000億円の売上となる見込みです。
「マチの健康ステーション」をコーポレートスローガンに、ローソンは「食」を通じて健康寿命延伸のテーマに取り組んでまいります。

<実験店舗概要>

店舗名:「ローソンMC FOREST(エムシーフォレスト)店」
住所:東京都千代田区丸の内2丁目3-1
期間:2018年1月16日(火)~2月24日(土)
営業時間:8:00~20:00
※1月16日(火)のみ11時オープン
取扱アイテム数:健康関連商品 約250アイテム



(ローソンMC FOREST店 外観イメージ)


<身体の老化物質を測定>

店内に設置した「AGEs(エージーイー)センサ」で、糖質からできる老化物質AGEs(最終糖化産物)の体内蓄積レベルを指先で簡単に測定することができます。


<「カラダかわるNavi」アプリについて>

毎日の食事や運動を運動すると管理栄養士からアドバイスが届く健康アプリ。
簡単に食事の糖質量を確認できるローソン限定仕様の「カラダかわるNavi」を先着100名様に配布し、食生活のアドバイスをいたします。
ローソン限定特典として、管理栄養士による有料のオンライン栄養相談が期間中、1回、無料でお使いいただけます。
※「カラダかわるnavi」は株式会社リンクアンドコミュニケーションが開発運営しています

■アプリの申込期間:1月16日(火)~ 先着100名に達し次第、受付終了
■アプリのサポート期間:1月23日(火)~2月24日(土)