ニュースリリース

野菜たっぷり!ごはんの代わりはカリフラワーで
11月14日(火)より、ナチュラルローソン店舗で
「ご飯をつかわないキーマカレー」発売

2017年11月9日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増貞信、以下「ローソン」)は、11月14日(火)よりナチュラルローソン店舗(144店:2017年9月末現在)で、主食のごはんを“刻んだカリフラワー”に置き換えた「ご飯をつかわないキーマカレー」を発売いたします。


◆「ご飯をつかわないキーマカレー」 税込500円 220kcal

カリフラワーを細かく刻んでご飯に見立てた弁当です。
野菜と3種類の豆をベースに豚挽肉で旨味を加えたキーマカレーに、かぼちゃ、赤パプリカ、ブロッコリーなどの色鮮やかな緑黄色野菜を加えました。カレーの味付けには、高リコピントマトやクミン、コリアンダーシードなど多種類のスパイスを使用しスパイシーに仕上げています。
1日に必要な野菜量の2/3(※)を摂ることができます。
(※)1日分の推奨摂取量:350g以上(厚生労働省「健康日本21」より)

ナチュラルローソンは、今年5月に、ご飯などの主食を野菜に置き換えた弁当「ベジめし」を発売しました。
今回発売するキーマカレーは、ごはんをカリフラワーに置き換えました。カリフラワーを細かく刻むことで、キーマカレーと一緒にスプーンですくって召し上がれます。カリフラワーの食感を残してあるので、少量でも食べごたえがあります。

お米のように細かく刻んだカリフラワーをライスの代用にする食事法は、ニューヨークなどで話題になり、同量のお米と比べて糖質量を抑えられることから、近年、日本でも注目され始めています。

ナチュラルローソンはこれからもお客様の美と健康をサポートする商品を開発してまいります。