ニュースリリース

フリマアプリでの“C to C EC”がさらに便利に!
6月20日(火)より、全国のローソンで
<参考資料>日本郵便「e発送サービス」導入

2017年6月19日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、全国のローソン店舗(12,397店:2017年5月末時点、「ストア100」除く)で、フリーマーケットやオークションサイトとのシステム連携による日本郵便株式会社の新サービス「e発送サービス」を導入します。6月20日(火)より、フリマアプリやオークションサイトで販売した商品の発送を、ローソン店舗で行うことが可能となります。


メルカリなどのフリマアプリや、オークションサイトなどの個人間取引である“ C to C EC ”は、スマートフォンの急速な普及や、個人間取引のため消費税が不要などの理由から、若い女性や主婦層を中心に利用者が増加しています。中でもフリマアプリの年間市場規模は、平成28年度に約3,052億円(※)に達しています。
(※)経済産業省「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より

「e発送サービス」では、決済はアプリやサイト上で完結しているため、店頭での支払いの必要がなく、1日最大2回の集荷にあわせ、スムーズに発送することができます。サイト上で取得した問い合わせ番号と認証番号(またはQRコード)を、ローソン店内に設置しているマルチメディア端末「Loppi」に入力(またはQRコードを読み込み)し、発券された「e発送サービス発送申込券」をレジにお持ち頂くことで、荷物の発送を行うことができます。

ローソンは、全国12,000店舗以上の店舗網を活かした、宅配サービスの注文・受け取りや、店舗での提供サービスを充実させることによる「オープンプラットフォーム」の構築を目指しています。ローソンの「コンビニ受取りサービス」では、現在33の取扱いサイトの商品が、全国のローソン店舗で受け取ることができます。

ローソンは今後も、お客様にとってさらに便利なサービスの提供を目指してまいります。