社会・環境

トピックス

2019年7月5日

【関東地方】長野県のローソン中軽井沢駅前店で「信州プラスチックスマート運動」に協力しました

株式会社ローソンは2019年6月12日(水)に、ローソン中軽井沢駅前店(長野県北佐久郡軽井沢町)において、プラスチックと賢くつきあう取り組みを啓発するため、「信州プラスチックスマート運動」に協力しました。当日は、店頭で長野県の職員の方が携帯用マイバッグ50個と「信州プラスチックスマート運動」のチラシを、お客さまに配布しました。

これは、6月15日(土)・16日(日)に軽井沢町で開催された「G20エネルギー・環境関係閣僚会合」に合わせて、長野県が企画したものです。長野県が展開している「信州プラスチックスマート運動」は、環境に配慮した「長野県版エシカル消費」として、プラスチックと賢くつきあう取り組みを推進し、“ごみ減量日本一”の継続と、美しく「環境にやさしい長野県」を目指しています。県は住民の皆さんに対し、必要以上にレジ袋などを受け取らないよう、コンビニエンスストアでのマイバッグ使用などを呼びかけています。

ローソンはこれからも、資源の有効活用を推進するため、店舗スタッフの声かけや店内放送、ケータイバッグの配布などによるレジ袋の削減を進めてまいります。

★「信州プラスチックスマート運動」について、詳しくはこちらへ(外部リンク)

★レジ袋削減の取り組みについて、詳しくはこちら