社会・環境

トピックス

2019年4月1日

【中四国地方】“愛媛甘とろ豚”を使用した商品2品を発売しました

株式会社ローソンは2019年3月26日(火)に、愛媛県のローソン203店舗(2019 年2 月末時点、四国中央市、「ローソンストア100」を除く)で、「愛媛甘とろ豚」を使用した弁当とおにぎり計2品を発売しました。

この商品は、愛媛県のブランド豚「愛媛甘とろ豚」の10 周年記念商品※として開発したもので、「愛媛甘とろ豚丼」(写真左、税込498 円)と「愛媛甘とろ豚使用 手巻 豚生姜焼おにぎり」(写真右、税込145 円)の2品です。

愛媛甘とろ豚は、中四国地域でもっとも養豚の盛んな愛媛県で誕生した、国内において最高級品質を目指し完成させたブランド豚です。国内生産量1 位を誇る愛媛県産の裸麦を食べて育ち、やわらかさ、ジューシーさ、脂身のおいしさが特長です。

発売前の3月18日(月)には、愛媛甘とろ豚普及協議会の松田浩会長、株式会社ローソン中四国商品部長の宮城大輔などが愛媛県庁を訪問して中村時広知事に商品を説明しました。知事からは「絶妙の味付けで箸が止まらない」などのコメントをいただきました。

今後もローソンは、地元の食材を使用した商品を販売し、マチ(地域)の活性化に貢献してまいります。

※「愛媛甘とろ豚」の普及活動を行う「愛媛甘とろ豚普及協議会」の設立が今年度で10 周年です。

★ニュースリリースはこちら