社会・環境

トピックス

2019年2月21日

【関東地方】ローソン栗木一丁目店(横浜市磯子区)を拠点とした移動販売を本格的に開始しました

株式会社ローソンは2019年1月25日(金)より、横浜市磯子区役所、上笹下連合自治町内会、磯子区社会福祉協議会、上笹下地域ケアプラザと連携し、ローソン栗木一丁目店(横浜市磯子区)を拠点とした移動販売を本格的に開始しました。今後、毎週金曜日に同区上笹下地区内の6ヵ所を回ります。

高齢化が進んだ同地区は、都市部にありながらも坂道が多く、スーパーマーケットなども少ないため、買い物が困難であることが長年の課題でした。ローソンは、2018年1月に磯子区役所と上笹下連合自治町内会より移動販売の打診を受けて、協議や試験稼働を重ねてきました。その結果やお客さまからのご要望などに基づき、今回、本格的に移動販売を開始しました。

当日は10時から出発式を行い、小林正幸磯子区長をはじめ、上笹下連合自治町内会長、磯子区社会福祉協議会事務局長、ローソン栗木一丁目店オーナーなどが参加し、テープカットを実施しました。上笹下自治町内連合会の田邊実会長からは、「移動販売車のおかげで買い物が楽になる」などのコメントをいただきました。

ローソンでは移動販売を2012年に開始し、現在39都道府県で118台の車両を使って移動販売を実施しており、神奈川県内では3ヵ所目(横浜市内では2ヵ所目)の実施となります。

ローソンは今後も、マチ(地域)の社会課題解決を目指し、地域団体や自治体などと連携して移動販売の取り組みを進めてまいります。

【実施概要】
◆実施店舗:ローソン栗木一丁目店
      神奈川県横浜市磯子区栗木1-29-8
◆実施日:2019年1月25日(金)から毎週金曜日
◆実施地区:神奈川県横浜市磯子区上笹下地区内の6ヵ所
◆販売商品:野菜や惣菜類、日用品、弁当類、サンドイッチ、アイスクリーム等
      約200~300品目

★ニュースリリースはこちら