社会・環境

トピックス

2018年11月29日

【関東地方】22回目の「荒川クリーンエイド」を実施し、総勢72人で42袋分のごみと粗大ごみを拾いました

ローソングループは、2018年11月17日(土)に、東京都葛飾区の荒川河川敷(木根川橋周辺)において、22回目となる「荒川クリーンエイド」を実施しました。

当日は、関東地方のFC(フランチャイズ)加盟店オーナー、お取引先さま、ローソングループの社員及びその家族など72人が参加しました。

参加者は二方向に分かれて、約1キロメートルの範囲で1時間ほどかけて清掃活動を行い、燃やすごみ27袋、燃やさないごみ8袋、ペットボトルなどのプラスチック系ごみ7袋の計42袋と、粗大ごみを回収しました。

その後、荒川に関するクイズや、プラスチックごみに関する紙芝居を通して、社会的な課題となっている河川のごみについて楽しみながら理解を深めました。

ローソングループでは、これからも継続的に河川及び公園などの清掃ボランティア活動を実施してまいります。

班ごとにごみを拾い集めながら、どんなごみがいくつあったのかを集計。
たばこの吸い殻・フィルターが最も多く、二番目に多かったのがポリ袋・シートの破片

特に川辺には大量のごみが散乱

集めたごみを前に、参加者全員で記念撮影