社会・環境

トピックス

2018年11月19日

【近畿地方】大阪府内の福祉施設で働く障がい者の皆さんが作られた製品を大阪城公園店で販売しています

株式会社ローソンは、2018年11月1日(木)から12月31日(月)までの2ヵ月間、大阪府内の福祉施設で働く障がい者の皆さんが作られた製品を、ローソン大阪城公園店で販売しています。

大阪府では、これらの製品を「こさえたん」※という愛称をつけて大阪府庁別館などで販売し、社会的な認知度を高める取り組みを実施しています。

このたびローソンは大阪府に協力し、ローソン大阪城公園店に「こさえたん販売コーナー」を設けて、障がい者の皆さんが手作りしたポーチや小銭入れ、缶バッヂなどの雑貨を販売しています。

「こさえたん」の販売コーナー

観光地である大阪城に隣接した店舗の立地に合わせて、はりこの豆ねこ、ポーチなどのお土産になる製品も販売

ローソンはこれからも、障がいのある方もいきいきと働けるよう、サポートを続けてまいります。

※「こさえたん」とは、大阪弁で「作る」を表わす「こさえる」を、親しみを込めて呼べるようにしたもの


【実施概要】
◆店舗名:ローソン大阪城公園店
◆住所:大阪府大阪市中央区大阪城3-1
◆販売期間:2018年11月1日(木)~12月31日(月)
◆販売商品:ポーチ、小銭入れ、缶バッヂ、一筆箋など、
      福祉施設11事業所で作られた製品約20品目を販売