社会・環境

トピックス

2018年10月25日

【九州地方】大分県のラグビーを応援する「スクラムおにぎり」を発売しました

株式会社ローソンは、2018年10月2日(火)から大分県のローソン店舗(183店:2018年8月末時点)で、大分県のラグビーを応援する「スクラムおにぎり」(税込135円)を発売しました。

今回発売した商品は、大分県のラグビーを応援したいと考える一般社団法人大分青年会議所が企画し、学校法人後藤学園 楊志館高等学校の生徒さんたちが商品の内容を考案しました。大分県産のにらを使用した「にら豚」を具材にして、チーズをトッピングした焼おにぎりです。大分青年会議所が県民の皆さんに商品名を公募し、「スクラムおにぎり」という商品名になりました。

発売前日の10月1日(月)には、楊志館高等学校の生徒さんや(一社)大分青年会議所の皆さんとともに、当社九州商品部長の前田明廣などが大分県庁を訪問し、商品について広瀬勝貞大分県知事にご説明しました。

今後もローソンは、地元の食材を使用した商品を販売し、マチ(地域)の活性化に貢献してまいります。

★ニュースリリースはこちら