社会・環境

トピックス

2018年8月13日

【北海道地方】北海道150年を記念して道産食材を使った商品などを順次発売

株式会社ローソンは、北海道が命名されて150年が経つことを記念して行われている「北海道150年」事業に協力し、2018年7月10日(火)より順次、北海道内のローソン店舗(657店:2018年5月末時点)で、道産食材や北海道でなじみのある食材を使用した商品など全14品を発売しました。

また、同日より順次、全国のローソン店舗(13,409店、2018年5月末時点、「ローソンストア100」を除く)で、道産食材を使用したベーカリー・デザートや、北海道でなじみのある「豚丼」をイメージしたおにぎりの合計4商品も発売しました。

商品の発売に先立ち、2018年7月9日(月)に北海道庁において商品発表会・試食会が行われ、赤塚孝行北海道150周年事業室長をはじめとした皆さんに商品をご試食いただきました。

商品発表会の様子

商品試食会の様子

北海道150年ロゴマーク

商品の一例:左から「大きなおにぎり 明太子(北海道産近海たらこ使用)」(税込248円)、「夕張メロンのショートケーキ」(税込395円)、「からあげクン じゃがバター味」(税込216円)

今回発売した商品は、北海道産近海たらこ使用の明太子を北海道産米で炊いたおにぎりの中具にした「大きなおにぎり 明太子(北海道産近海たらこ使用)」や、北海道産若鶏の鶏むね肉に、北海道産よつ葉バターで味付けし、北海道産じゃがいも“きたあかり”を練り込んだ「からあげクン じゃがバター味」などです。商品のパッケージには「北海道150年」ロゴマークを印刷し(一部商品除く)、地域の皆さまと一緒に「北海道150年」事業を盛り上げてまいります。
 
ローソンは今後も、地元の食材を使用した商品を開発・発売することで、マチの活性化に協力してまいります。

★「北海道150年」事業について、詳しくはこちらへ(外部リンク)

★ニュースリリースはこちら