LAWSON

ローソン研究所

ローソン研究所

今年のおでんは「串物メニュー」が充実!8月9日(火)から2016年のおでんが始まります

お兄ちゃん
お兄ちゃん

やぁみんな。ローソンクルー♪あきこちゃん、のお兄ちゃん研究員だよ。

8月、夏真っ盛り!
気温もテンションも最高峰!だけど、この時期コンビニでは、ひそかに進んでいる計画があるのです。
それは・・・「おでん」!!
 

おでん

そうなんです、コンビニのおでんは8月から始まっていくんだ。
まだまだ暑いからおでんって気分じゃ・・・と思うでしょ?

お盆を過ぎると、朝晩は気温が下がりはじめるので、「体感温度」が肌寒く感じるタイミングがあるんだ。
なので、実はおでんの人気が出始めるのはお盆休みを過ぎたあたりから、というデータが。

さらに、この時期「夏バテ」になっている人も多いのではないでしょうか。
冷たいものをどうしても取りがちになってしまうので、胃腸が疲れている。
そんな時にも温かい商品は、こう、身体に染み入る感じでいいんだよね。

というわけで、2016年ローソンおでんセレクション、スタートします!
 
 

特徴 その1
それぞれの「地域の味」に!
9つのエリア別の味に仕上げました。

日本地図

まずは、なんといっても基本の味となる「つゆ」のお話。
ローソンのおでんつゆ、今年はこんな特徴があるんだ。

<全国共通の「味のベース」>

1)国産原料を使用
焼津産(九州地区は枕崎産)のかつお節と、北海道産の昆布を使用しています。
天然だしのみで仕上げた、すっきりとした味わいです。

2)だしの「製法」にこだわりました
かつお節の削り方を「厚削り」「薄削り」「荒砕き」の3種類を使用。
追い鰹製法で仕上げました

3)化学調味料不使用
2015年に引き続き、化学調味料は使用していません。
天然の原材料にこだわっています。

-----

更に、地域別にプラスアルファのこだわりで、味わいも地区別に!!


<北海道>
魚介の味をプラスして、豊かな香りに。

<東北> 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
煮干しと、隠し味に比内地鶏を使用。余韻の残る味に。

<関東> 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟
丸大豆醤油仕様のスッキリとしたシンプルな味に。

<北陸> 富山、石川、福井(一部を除く)
うるめ節を追加で使用し、コクのある味わいに。

<東海> 山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重(一部を除く)、滋賀
むろあじ節を追加で使用し、淡い香りとまろやかな味に。

<近畿> 京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、三重の一部、福井の一部
牛肉・鶏肉の味をプラスし、しっかりとした味に。
昆布を多めに使用し、より上品な味わいに。

<中四国> 鳥取、島根、岡山、広島、山口(一部を除く)、徳島、香川、愛媛、高知
牛肉、鶏肉に合わせ、瀬戸内いりこを使用し、余韻の残る味に。

<九州> 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口の一部
あごダシを追加で使用し、香り豊かに。
また、醤油は甘めのものを使用しています。

<沖縄>
隠し味程度に豚足を使用し、沖縄独特の具材(テビチ、ソーキ)が引き立つ味に。
 
 

特徴 その2
今年のおでんは「串物」が充実!

串物

続いては、おでんの具材のお話。
2016年のおでんは、もちろん定番商品も高クオリティなんだけど、注目すべきは、

多彩な「串物」シリーズ

なんだ。

串物のおでんが大集合!おうち以外でも気軽に食べられるのが魅力だね。
そんな串物シリーズの注目株をピックアップ!!
 

牛すじ

牛すじ
ローソン標準価格 120円(税込)


言わずと知れた、コンビニおでんの人気商品。ローソンでも串物No.1!
トロトロに煮込まれた食感がたまらない!
 
 

ぼんじり

ぼんじり串
ローソン標準価格 100円(税込)


やきとりでおなじみの「ぼんじり」。鶏肉の中で最も脂がのっているんだ。
価格も100円でリーズナブル!
これはぜひおつまみとして一本いっときたい!
 
 

はらみ

炭火焼鶏ハラミ串
ローソン標準価格 100円(税込)


こちらは「鶏ハラミ」。一羽から少量しか採れない、希少部位になっているんだ。
こちらもぼんじり同様、おつまみとして成り立ってくるメニューだね。 
 
 

ささみ

炭火焼鶏ささみ串
ローソン標準価格 100円(税込)


ヘルシーで女性にも人気!
お肉は食べたいけど脂っこいものは・・・というときにはこれ!
やわらかく仕上がってます。
 
 

大根、玉子、白滝などのメインの具材に、アクセントとなる串物を合わせる・・・!
これが、ローソンおでんの楽しみ方。

もちろん、定番具材はこのほかにも各種揃っているし、地域ならではの商品もいろいろあるので、
ローソンにお立ち寄りの際は、カウンターで煮込まれているおでん鍋を覗いてみてね!
 
 

一覧に戻る



このカテゴリーの新着記事

TOP