LAWSON

マチカフェブログ

マチカフェブログ

MACHI cafe

ミルク缶マークは美味しさの証。ローソンのカフェラテがリニューアル!

まじりけのない美味しさ。牛乳屋から始まったローソンだから、牛乳にこだわっています。 エリアごとに産地にこだわった生乳※100%使用牛乳を使用しているから、ローソンのカフェラテは美味しい!

お兄ちゃん
お兄ちゃん

バナー

ローソンクルー♪あきこちゃん、のお兄ちゃん研究員だよ。

ローソンの淹れたてコーヒー「マチカフェ」。
様々な「こだわり」を提供するこのコーヒー。中でも一番おすすめなのが「 カフェラテ 」。

今回、このカフェラテが装いも新たにリニューアル、さらに美味しさにこだわった商品になったので、こちらを紹介するよ。

ちなみに、ローソンがなんで「牛乳」にこだわっているかは、以下のニュースリリースに説明されているのでこちらをチェック。
ローソンのロゴを見れば・・・そうだね、ミルク缶だね。

ローソンが「マチのミルクスタンド」を始めます

1975年に日本に誕生したローソンは牛乳にこだわった商品を展開してきました。
ローソン初のPB商品は1975年に発売した「ローソン成分無調整牛乳」でした。
また、2011年1月に展開し始めた「マチカフェ」は当初より加工乳ではない“生乳”を使用したミルクをあわせた「カフェラテ」メニューを提供しております。

ローソンのチェーン名とミルク缶のロゴも1930年代に米国オハイオ州にJ.J.ローソン氏が営んだ牛乳販売店「ローソンさんの牛乳屋さん」が発端となっています。
ローソン ニュースリリースより)

写真

マチカフェ カフェラテ
10月17日(火) リニューアル!
ローソン標準価格 Mサイズ 150円(税込)/Lサイズ 180円(税込)


マチカフェ アイスカフェラテ
10月17日(火) リニューアル!
ローソン標準価格 150円(税込)
 
 

カフェラテの美味しさポイント その1
エリアごとに、産地にこだわった「生乳※100%使用牛乳」!

カフェラテは、なんといっても「牛乳」が決めて!
ローソンでは、この牛乳をなんと

1)エリア別に
2)産地にこだわって
3)加工乳ではない、生乳※100%使用牛乳を使用して


提供を開始したんだ。
これはすごいこだわりだよね。

エリア別の詳細はこちら!!
 

■北海道エリア
 北海道根釧産牛乳
■東北エリア
 岩手葛巻産牛乳
■関東・甲信越エリア
 北海道根釧産牛乳
■東海・北陸・近畿エリア
 北海道産牛乳
■中国・四国エリア
 鳥取県産牛乳
■九州(福岡・佐賀・熊本・長崎・大分)エリア
 阿蘇山麓産牛乳
■南九州(宮崎・鹿児島)エリア
 種子島産牛乳
■沖縄エリア
 沖縄県産牛乳(一部熊本県産を含みます)

カフェラテの美味しさポイント その2
徹底的に「牛乳にあう豆」を追求しました

カフェラテに利用しているコーヒー豆にもこだわりを。
テーマは「牛乳にあう豆」。ポイントは大きく二つ。

1)牛乳の甘味を引き出す低温長時間焙煎で仕上げました。
2)牛乳のコクを引き出す豆の種類「マンデリン」を、なんと30%も使用しています。


まさに、ローソンのカフェラテのために作られたと言っても過言ではないんだね。
これはカフェラテを飲んで、実際に味を確かめてみなければ・・・!!
 

マチカフェと牛乳の深~い関係は、こちらの動画でチェック!!



カフェラテのセールを実施!
10月17日(火) ~ 10月23日(月)

バナー

▲詳しくはこちら!

牛乳にこだわっているから「ホットミルク」も販売を始めました!

バナー

▲詳しくはこちら!

※使用している生乳は加熱処理しています。

※画像はすべてイメージです。
※商品・店舗によっては、一部取り扱いのない場合がございます。
※「ローソン標準価格」は、株式会社ローソンがフランチャイズチェーン本部として各店舗に対し推奨する売価です。

一覧に戻る



このカテゴリーの新着記事

TOP