LAWSON

ジブリ美術館

ジブリ美術館

レポート

あのジブリ飯に迫る!三鷹の森ジブリ美術館企画展示「食べるを描く。」をレポート

ジブリの食事シーンや食べ物がどのようにして印象的に描かれているかを紹介してくれる企画展示がスタート!

お兄ちゃん
お兄ちゃん

ローソンクルー♪あきこちゃん、のお兄ちゃん研究員だよ。

東京•三鷹の森ジブリ美術館で5/27から始まった、企画展示「食べるを描く。」を観に行ったよ。その様子を今回はレポート!
宮崎駿監督が「食事のシーンを入れると映画が豊かになる」と特にこだわっているという。

企画展示「食べるを描く。」について

ジブリの映画に出てくる食事シーンって、いつも印象的で美味しそうだよね。
「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが目玉焼きパンを食べるシーン、「千と千尋の神隠し」で千尋が泣きながらハクにもらったおにぎりをほおばるシーンなど、記憶に残っている人も多いんじゃないかな。
そんなジブリの食事シーンや食べ物がどのようにして描かれているかを紹介してくれる企画展示なんだ。

企画•監修を手掛けた宮崎吾朗氏が挨拶

今回の会見の中で、宮崎吾朗氏は、ジブリ作品の中でも特に美味しそうに見えるのが宮崎駿監督の作品だと言う。食べものが温かそうであったり、ふんわりと柔らかそうであったり、登場人物がいかにも美味しそうに食べているからこそ食事が魅力的に見える。
それを可能にするのが作画のチカラだと語っていたよ。

「紅の豚」でフィオがレモネードを飲むシーンの解説をしてくれたよ。

描き分けの意図が動画•仕上げスタッフに伝わるように、数十秒のシーンにも塗り分けの指示がびっしり!
瓶の中のレモネードはずっと動き続け、何色も使い分けている。
瓶の中の水面を揺らし続けることで、レモネードがいきいきとして見えるんだって!

関係者みんなでパシャリ!みんな笑顔だね。

展示室

「食べるを描く。」の展示風景をご紹介。
第一室は食事シーンがどのようにして描かれているかが分かるよ。
入り口はまるでレストランのようにメニューサンプルがずらりと並んでいる。
各スタジオジブリ作品から印象的な食事シーンの画面写真とともに、サンプルを眺めていると、ジブリ映画の記憶が呼び起こされるね。

パネルに各映画の食べ物シーンの解説が。原画を見るとそのこだわりには驚くばかり!

「千と千尋の神隠し」でハクにもらったおにぎりを食べるシーン。
この千尋の横顔カットは絵コンテ上で21秒もあるんだって!この映画の1カットの平均は5秒らしいから、いかに長いかが分かるね。

絵コンテとともに丁寧な解説が!

第二室では食事を作るシーンを取り上げているよ。

ラピュタにでてくるタイガーモス号のキッチンが忠実に再現されている。

「となりのトトロ」のサツキとメイの家が再現されていたよ。

台所。とてもリアルだったよ。

屋外にあるカフェ「麦わらぼうし」では現在、サンドイッチなど企画展時にちなんだメニューを食べることができるよ。
こちらはテイクアウトメニューの「みんな大好きハムサンド」600円(税込)。

この他にも、ミュージアムショップ「マンユマート」ではジブリ美術館だけのオリジナルグッズが揃っているよ。是非行ってみてね!

ジブリ美術館の入場は日時指定の予約制

チケットはローソンのみで購入可能だよ。
詳細は以下より。

三鷹の森ジブリ美術館 TOPに戻る



TOP