LAWSON

ローソンフレッシュ

ローソンフレッシュ

野菜たっぷり!タラの中華あん

管理栄養士監修レシピ(9):タラの中華あんと小松菜の煮浸し

こんにちは、 ローソンフレッシュ です。

暖かい日もありますが、まだまだ寒~い2月。
今日は、アツアツが冷めにくいとろ~りあんをかけていただく「タラの中華あん」をご紹介します!

淡白な白身魚は、カラっとしっかり揚げるのがポイント。
パプリカ、人参、ピーマンなど、彩りの良い野菜がたくさん入れた野菜あんなら栄養バランスも◎

副菜の「小松菜の煮浸し」は、お鍋ひとつでササッとできるので忙しい毎日のお助け料理ですよ。
 
 

写真

タラの中華あん

<材料・分量:2人分>
●真鱈切り身:4切れ ●塩・こしょう:各少々 ●小麦粉:大さじ1
●揚げ油:適宜 ●人参:1/4本 ●玉ねぎ:1/4個
●パプリカ黄:1/3個 ●ピーマン:1個 ●サラダ油:小さじ1
●A:酒・しょう油:各大さじ1 ●A:砂糖:小さじ2 ●A:酢:大さじ1
●水:1カップ ●鶏ガラスープの素:小さじ1/2 ●B:片栗粉:小さじ2
●B:水:大さじ1

<作り方>
(1) 真鱈は解凍し、水気をとって塩、こしょうを振り小麦粉をまぶして170℃の油でカラリと揚げておく。
(2) 野菜は全て千切りにする。A、Bをそれぞれ合わせておく。
(3) フライパンにサラダ油を熱し、野菜を炒め、水と鶏ガラスープの素を入れ沸騰させる。
(4) Aを加え煮立ったら、Bでとろみをつけ、(1)の真鱈にかける。
 
 

小松菜の煮浸し

<材料・分量:2人分>
●小松菜:1/2束 ●油揚げ:1枚 ●人参:1/4本
●だし汁:1/2カップ ●しょう油・みりん:各大さじ2

<作り方>
(1) 小松菜は4cm長さに切り、油揚げは横半分に切って1cm幅に、人参は千切りにする。
(2) 鍋にだし汁としょう油、みりんを煮立ててから、油揚げを煮て、煮汁が少なくなったら小松菜と人参を加え、サッと煮立てて盛り付ける。
 
 

「タラの中華あん」は鱈を鯵などに、「小松菜の煮浸し」は小松菜をナスにしても美味しく作れますよ。

是非一度作ってみてくださいね!
 
 

一覧に戻る



このカテゴリーの新着記事

TOP