人生でやれることは、
悔いなく全部やってみたい。

SV(スーパーバイザー)
南関東ローソン支社 千葉南支店
スーパーバイザー

道廣 佑基

ローソンのキャリア採用を知ったきっかけはなんですか?

アルバイト先の店長がキャリア採用の人だった。

リーマンショックで超氷河期と言われていた時代に就職活動をしました。大学では法律を学んでいたのですが、とにかく就職しなければという自分の焦りもあり飲料メーカーに就職しました。迷う心を抱えたままの入社でした。飲料メーカーでは営業職でした。本当にしたかった仕事はこれなのか?一年間たったときに、迷いを消すことができずに退職。法律の勉強を究めるために資格の学校に通いはじめました。2年間たって法律の勉強にも行き詰まりを感じ、試験にも落ちて、もう1年だけ頑張るのかと悩んでいました。そのころ、ナチュラルローソンでアルバイトをしていたのですが、そこの店長さんがキャリア採用の人だったんですよ。本当に仕事のできる方で、能力の高さに感心しきりでした。コンビニエンスストアは生活にかかせない最先端の仕事ということも感じていました。店長からいろいろお話をうかがっているとき、ローソンが3年振りにキャリア採用を行うと知りました。

ローソンで働く事になった要因はなんですか?

引き寄せられるようにローソンへ。

アルバイト先の店長からキャリア採用の話を知ってすぐ、転職サイトからのメールでもローソンのキャリア採用の知らせが届きました。何か人生で大切な時だとタイミングを感じました。いろいろなことが重なって、引き寄せられたという感じです。2012年の1月に入社。店社員、店長、アシスタントSVとして順調に働き、2年半がたって、SVとしての自分がいます。

実際に入社して、よい意味で驚いたことはありますか?

業界2位だからこそのワクワク感。

ローソンはコンビニエンスストア業界ではチャレンジャーです。新しいことをやっていかなければいけない立場です。だからこそ毎日がワクワク感でいっぱい。さまざまなことに手広くチャレンジできる社風が満ちています。

ローソンならではの特徴とは何ですか?

部署の多さは、自分の可能性を広げるチャンスの多さにもつながる。

ローソンには多くの部署があります。現在はSVとして働いていますが、何年後かにはちがう部署にいるでしょう?商品開発かもしれないし、音楽・映画関係かもしれないし、法務関係の部署かもしれない。もしかしたら海外で働いているかもしれない。自分の可能性がどこでどう開くかわかりません。それは、とても楽しみなことでもあります。飲料メーカーで働き続けていたら、きっとこうはいかなかったと思います。コンビニエンスストアを核としながらも、さまざまな分野に歩みを進めているローソンだからこそだと思います。

SVだからこそ感じられるエピソードなどありますか?

先輩SVの余裕に、すごく憧れています。

SVとして自分はまだまだ駆け出しです。SVとして「現場の声を聞くことが一番大切」と心して働いていますが、加盟店オーナーさんやクルーさんからの相談や緊急事態の連絡に、悩んだり慌てたりすることがあります。そんな時、先輩に相談すると、落ち着いて「こうすればいい」「そういうときは、こうしてみれば」と教えてもらえます。その余裕の姿は格好良すぎます。いろいろな場面・事態をくぐり抜けてこられたからこその知識・知恵・自信が感じられるんです。自分も早く、そうなりたいと思っています。

SVとして働いて、何か“新しい気づき”はありましたか?

つねに現場を大切に。それが、いつか、感謝をもらえる。

SVは加盟店オーナーさん店長さんクルーさんと、いい店をつくることが仕事です。お客さんが来てくださり、欲しい商品がきちんと揃っていて、利益が出る。そういった毎日が理想ですが、そういかない日だって、もちろんあります。
いい時よりも流れの悪い時にどうするのか?とにかく現場を見て・知って・感じて・考えて・動くのが大事です。働いている人の声はもちろん、お客さまの声にも耳をかたむける。何かしらヒントはつかめるものです。そして頑張って改善していけば、必ず感謝されます。

今後はどのような気持ちで仕事に臨んでいきたいですか?

変化の時代の最先端に立っている。

ローソンはコンビニエンスストアを運営する企業ですが、もっと大きく見れば「変化対応業」なんです。社会の変化、お客さまの変化に対応していく。その変化のスピードはどんどん早くなっています。ボーッとなんかしていられません。とにかく、やってみる。立場や職種の垣根を越えて、全社員で変化に立ち向かう。それができている企業です。いろいろなタイプの人がいます。国籍もさまざまです。誰もが刺激を与えあい、自分を成長させている。時代といっしょに動いているワクワク感、本当に感じています。

メッセージ

加盟店オーナーもお客さまも、いろいろな方がいます。SVも「こんな人でなければ」ではなく、いろいろな人がいた方がいい。個性を活かしてください。

一日の流れ

午前に1店舗、午後に2店舗を巡回しています。その間に商品発注、売り場のアドバイス、加盟店オーナーさん、店長さん、クルーさんの声を聞いています。現場の声を聞くことが大切な仕事です。

今すぐエントリーする
page top